Record China

ヘッドライン:

サムスンがスマホ世界シェア1位を奪還、2位ファーウェイとの差も拡大=韓国ネット歓喜

配信日時:2020年10月1日(木) 7時20分
拡大
29日、韓国・ニュース1は「サムスン電子が世界のスマートフォン市場でシェア1位を奪還し、2位の華為技術との差を広げた」と伝えた。写真はミャンマーのショッピングモールにあるサムスンの広告。

2020年9月29日、韓国・ニュース1は「サムスン電子が世界のスマートフォン市場でシェア1位を奪還し、2位の華為技術(ファーウェイ)との差を広げた」と伝えた。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ の報告書によると、8月の世界市場で韓国・サムスン電子はシェア22%を記録し、1位となった。2位の中国・ファーウェイは16%にとどまった。

サムスン電子は4月、主要市場の一つであるインドが新型コロナウイルス感染症の拡大を受けロックダウンの措置を取ったことで販売数が減少してシェアが20%に落ち、ファーウェイに1位を明け渡した。しかし、新型コロナウイルスの影響が安定してきたことで市場が回復傾向となり、サムスン電子の1位奪還につながったと記事は説明している。

一方、ファーウェイは4月に過去最高のシェア21%を達成したが、その後はシェア縮小が続いていた。6ポイントという8月のサムスン電子との格差は「中国市場が減速した2月を除くと、ここ1年で最大」だという。記事は「米国の貿易制裁により、2社の格差はさらに広がる可能性もある」と指摘。「欧米市場で多様な価格帯の商品を出しファーウェイと競合しているサムスン電子にとって、シェアを拡大する良い機会になると見込まれる」と伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「サムスンには世界のトップとしてこのまま突き進んでほしい」「中国は100年後も今の韓国の水準にまで到達できないだろう。格差は100年だ」「中国はサムスンのスマホをほとんど使わない。それでも世界一なんだから、すごいことだよ」など、喜びのコメントが殺到している。また「これは米国のおかげだね」「米国の制裁に感謝」などの声も多い。

一方で「他人の不幸でたまたま手にした1位」「トランプ大統領が再選したらサムスンを潰しにくるかも。備えておくべきだ」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング