Record China

ヘッドライン:

サムスンスマホが71カ国でシェア1位に=韓国ネット「素晴らしい」

配信日時:2019年11月27日(水) 20時30分
拡大
2019年11月26日、韓国・アジア経済は、韓国・サムスン電子のスマートフォンが世界71カ国で1位になったとし、「最強者であることを証明した」と報じた。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ(Counterpoint Technology Market Research)のマーケットモニターによると、今年7-9月期の世界スマホ市場が前四半期に比べて6%の成長を記録した中、サムスン電子も販売量を増やして前四半期と同レベルのシェア21%を記録した。

同社は約90カ国のブランド別シェアを分析した結果も公開している。サムスン電子はブラジル、韓国、ロシア、メキシコ、インドネシアなど71カ国でシェア1位を獲得し、米国、カナダ、豪州などの国で2位だったという。同社アナリストのイ・ユンジョン氏は「米国の華為(ファーウェイ)制裁の影響など肯定的な外部要件に加え、ギャラクシーノート10とギャラクシーAシリーズの販売高の影響で当分は善戦が続く見通し」と話したという。

これを受け、韓国のネット上では「誇らしい!」「サムスン電子が韓国を養っている。政府ももっとサムスン電子を支援して」「さすが韓国の力はすごい。韓国のことを世界に広めてくれてありがとう」と喜びの声が続出している。

一方で「つまり日中米はサムスンを使わないってことでしょ」「人口が多い中国やインドを捕まえなきゃ」「ブランドパワーが高いのはサムスンだけど、コスパのよさでは中国の右に出るものはいない」と指摘する声も。中には「韓国内での価格を下げてほしい。外国で安く売る代わりに国内で高く売るなんて」との声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング