Record China

ヘッドライン:

サムスンがスマホ世界市場シェアで1位を守る、「中国の勢い」に懸念の声も

配信日時:2019年11月6日(水) 8時0分
拡大
2019年11月1日、韓国・ニュース1は「サムスン電子が今年7~9月期のスマートフォンの世界市場シェアで1位を死守した」と報じた。

米市場分析会社Strategy Analytics(ストラテジー・アナリティックス、SA)によると、サムスン電子は今年7~9月期、前年同期(7230万台)より約600万台増加した7820万台のスマートフォンを販売し、市場シェアは1.2%増の21.3%を記録した。

サムスン電子は前日に開かれた今年7~9月期の実績発表で「ギャラクシーノート10やギャラクシーAシリーズの販売好調によりスマートフォンの業績が前四半期に比べて成長した」と説明。特に「製品多角化とラインアップ切り替えの努力が費用減少につながり、営業利益が大幅に改善された」と評価していたという。

ただ、前四半期に続き中国の華為(ファーウェイ)が世界市場シェア2位となり、前年同期の5180万台から1490万台増となる約6670万台のスマートフォンを販売。シェアも14.4%から18.2%に上昇した。SAは「華為の販売量増大は、米国の制裁による北米や西欧など他の主要販売地域における不確実性の高まりを相殺するために、内需市場に集中した結果」と分析したという。

これを受け、韓国のネット上では「さすがサムスン。応援します」「本当にすごい。これからもいい結果を出して韓国のイメージを高めてほしい」「サムスンこそ韓国の大黒柱。真の愛国者」など喜びのコメントが相次いでいる。

一方で「やっぱ中国市場は大きいんだね」「これまでスマホ市場はサムスンとアップルがツートップだったけど、ファーウェイが入ってきてスリートップの構造になってきている。たとえサムスンが1位でも後味が悪い」など中国の勢いを警戒するコメントも寄せられている。

その他「世界1位の製品を使わない唯一の国、日本」「ねえねえ、日本の輸出規制はどうなったの?」「BTSを広告モデルにしたらもっと世界で人気が出ると思う」「サムスンのスマホが売れたからって何?韓国内じゃ何一つ部品の生産をしてないじゃん。100%中国やベトナム製」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング