Record China

ヘッドライン:

「戦争するぞ」→「食べ物ちょうだい」は北朝鮮のお家芸との指摘、過去の事例も列挙―中国版ツイッター

配信日時:2013年4月12日(金) 13時7分
拡大
11日、北朝鮮の対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会が、ミサイルが現実的に発射待機の状態に入ったと主張した。そんな中、中国の某大手ポータルは「軍事威嚇の後に各種援助を要求してくる北朝鮮のお家芸が再演されるのではないか?」と疑問を投げかけている。資料写真。
(1/4枚)

2013年4月11日、朝鮮中央通信によると、北朝鮮の対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会が、「我々の強力な打撃手段(ミサイル)は発射待機の状態で、弾頭には目標座標が入力されている」「ボタンさえ押せば発射されるようになっている」と主張した。北朝鮮の動向に各国が注視を続けている状態だが、中国の大手ポータル・新浪(Sina)は、「軍事威嚇の後に各種援助を要求してくる北朝鮮のお家芸が再演されるのではないか?」と疑問を投げかけている。

その他の写真

朝鮮半島は本当に戦争を仕掛け、核兵器を使うつもりなのか?もう各国と話し合いをするつもりはないのか?毎回の話し合いで、必ず大きな収穫を得てきたのに?これまでだって何度もあったように、核兵器に言及すると同時に“援助”を持ち出してくるのではないか?そして核兵器使用を放棄するのと引き換えに、関係諸国は金や食糧を北朝鮮に与えるのではないか?故・金日成主席の生誕記念日(4月15日)がもうすぐやってくる。北朝鮮トップとしては、国民に対していろいろ“おひねり”も出さねばならないだろうから―新浪は、皮肉たっぷりに北朝鮮のミサイル発射は実行に移せないだろうと評した。そして、1999年に食糧60万トン、2007年に重油100万トンと人道援助、2012年に栄養食品24万トン…とこれまでに北朝鮮が各国から得てきた援助の履歴をさらした。

この記事に関し、“中国版ツイッター”ではおおむね「北朝鮮ハッタリ論」に賛同の意見が多いようだ。また、米国の敵視の目が中国に直接向かないよう、半島問題の解決を望まない声も散見された。以下、寄せられた意見の一部。

「北朝鮮が騒げば騒ぐほど周辺国家は多くの金や食糧を与えている!先進各国はいいかげん目を覚まして、相手の駆け引きに乗らないでほしい」

「無能で無恥でろくでなしで支離滅裂な政権、庶民の腹すら満たせないくせに…」

「このゴロツキ国家は早晩、中国に謀反を企てるぞ」

「狼少年の叫びをまだ信じる奴がいる、愚かしいもいいところだ!」

「この取引はお安いものではないな…朝鮮半島が統一したら、米国の次のターゲットは中国だぞ」

「朝鮮問題はそもそもが米国がでっち上げたもので、その目的は中国をけん制することだが、まだ気づいていない売国奴が中国にもいる」(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

ランキング