Record China

ヘッドライン:

韓国人の今年の海外旅行、キーワードは「日本の墜落」と「ベトナムの飛躍」

配信日時:2019年12月27日(金) 12時10分
拡大
25日、韓国・朝鮮日報は、韓国人の今年の海外旅行のキーワードは「ベトナムの飛躍と日本の墜落」だったと報じた。写真はベトナム・ホーチミン。

2019年12月25日、韓国・朝鮮日報は、韓国人の今年の海外旅行のキーワードは「ベトナムの飛躍と日本の墜落」だったと報じた。

記事によると、7月から本格化した日本製品不買運動の影響で韓国の航空会社の多くが日本路線を縮小し、その代わりにベトナム路線を増やした。

韓国では4年前まで、東南アジアの旅行先としてはタイとフィリピンが人気を博していたが、その後ベトナムの人気が上昇し、2015年にはベトナムを訪れた韓国人が初めて100万人を超えたという。特に人気があるスポットは中部の海辺都市ダナンだという。ベトナムの韓国人市場は急増し続けており、2017年には241万人、2018年には343万人を記録。今年は年末までに400万人突破が有力視されているという。

これを受け、韓国のネット上では「サッカーベトナム代表のパク・ハンソ監督の活躍の影響が大きい」とみる声をはじめ、「昨日ベトナムに行ってきたけど、オートバイが多いのに韓国よりマナーが良くてびっくりした。物価も安いのに施設も良いし食べ物もおいしいし、魅力的な国」「ベトナムは家族旅行にぴったり」とベトナムに対する高評価が寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング