中国空軍がJ-20戦闘機パイロット育成を急ぐ、L-15新型高等練習機を大量に導入

配信日時:2019年5月19日(日) 10時40分
中国がJ-20パイロット育成を急ぐ、L-15新型練習機を大量導入
画像ID  1092443
中国は、J-20(殲20)ステルス戦闘機のパイロット育成を加速している。育成用に利用されているL-15高等練習機(写真)が大量かつ急ピッチで空軍に引き渡されているという。
中国は、J-20(殲20)ステルス戦闘機のパイロット育成を加速している。育成用に利用されているL-15高等練習機が大量かつ急ピッチで空軍に引き渡されているという。中国メディアの新浪網が19年5月17日付で伝えた。

L-15のベースとなったJL-10(教練10)は初飛行が06年で、空軍が運用を開始したのは08年。ただし、現在空軍に引き渡されているL-15は「全く新しい」タイプという。

なお、航空工業洪都は15年時点でJL-10と呼び、初飛行を06年と紹介している。詳しい経緯は不明だが、古いタイプまでさかのぼってL-15と呼ぶことにしたとみられる。新浪網は同機について「教10」の古い名称を使ったが、実際には新しいタイプのL-15を指すと考えられる(本記事では以下、呼称をL-15に統一)。

新浪網によると、航空工業洪都の関係者は、L-15を空軍に引き渡したのは今年(19年)になって3回目と説明した。通常は1回に3機から6機が引き渡されるので、今年前半ですでに10機以上が引き渡されたとみられるという。

記事はさらに、航空工業洪都がL-15の生産を加速している情報があるとして、19年通年では40~50機が引き渡されるとの見方を示した。

L-15を使ってパイロットの育成をしているのは空軍と海軍で、海軍航空大学の場合にはL-15を受け取ってから1年以内に効率的な利用が確立され、最短の訓練時間でパイロットを育成するなどの極めて高い効率を発揮しているという。

空軍がL-15を導入したのは16年末だった。空軍はL-15を「新高教(新型高等練習機)」の呼称を用いて、「火器管制レーダー、模擬訓練戦や電子戦の訓練装置が搭載されて、今まで以上に作戦訓練の能力を高めた機」と紹介したという。

記事によると、空軍はJ-20とL-15の合同訓練も実施している。J-20のパイロットを選抜するための最良の方法という。L-15は中国で初めて、完全デジタル化とフライ・バイ・ワイヤを実現した練習機であり、同機で訓練したパイロットはJ-20、J-16、J-10Cなど中国最先端の戦闘機に容易に慣れ、しかも訓練期間が短くて済む。

また、すでにJ-20の操縦資格を取得したパイロットもL-15で日常の訓練を行うことで、操縦感覚を維持すると同時に、「J-20戦闘機の貴重な寿命」を適切に引き延ばすことができるという。(翻訳・編集/如月隼人)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事