Record China

ヘッドライン:

米財務長官が北京へ、中国専門家「来るなら誠意が必要」―中国紙

配信日時:2019年5月17日(金) 13時0分
拡大
中国紙・環球時報は17日、ムニューシン米財務長官の北京訪問に中国の専門家から「来るなら誠意が必要」との声が上がったと報じた。資料写真。

中国紙・環球時報は17日、ムニューシン米財務長官の北京訪問に中国の専門家から「来るなら誠意が必要」との声が上がったと報じた。

記事は冒頭、米国の今回の「国家非常事態」宣言を、「『外国のライバル』が米国の通信システムに安全保障上の脅威をもたらすことを阻止するためのものだ」と説明。米商務省がすぐにこの「外国のライバル」の正体を明らかにしたと述べ、「中国・華為技術(ファーウェイ)の活動を『米国の安全保障と外交政策の利益に背く』として、同省はファーウェイとその子会社を輸出規制の『ブラックリスト』に入れた」と続けた。

記事は、「トランプ米大統領がファーウェイ禁止令を出したその日にムニューシン財務長官が『近いうちに北京を訪問する』との考えを示した」とし、ムニューシン氏が15日、「近いうちに北京を訪れ、話し合いを続けることになると予測している。やるべき仕事はまだたくさんある」と述べたと紹介。これに対し、中国外交学院の李海東(リー・ハイドン)教授は「トランプ政府はこのところの中国に対する脅し、極限までの圧力が何の役にも立たないことにもう気付いている。むしろ傷を負ったのは米国の株式市場、トランプ氏の再選のチャンスだ。だから、『ムニューシン氏は必ず来る』」と指摘した上で、「だが、米側が誠意なしに中国を訪れれば中国の効果的な反応は得られないだろう」とくぎを刺したという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

トランプ米大統領、ファーウェイ製品締め出しに道開く大統領令に署名=ファーウェイ「規制は米国をより強い国にはしない」―中国メディア

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、トランプ米大統領が「安全保障上のリスク」がある会社の通信機器を米企業が使うことを禁じる大統領令に正式署名したことを受けて、声明を発表した。資料写真。

Record China
2019年5月16日 19時50分
続きを読む

トランプ大統領が「米国のことが嫌いな国」と暗に批判したのは韓国か、サウジアラビアか―中国メディア

中国メディア・観察者網は12日、トランプ大統領が「ある、非常に危険な地域に位置し、また米国をそれほど好きでない国は、より多額の防衛費を払わなければならない」と発言したことについて、「韓国のことを指しているとの見方が出ている」と伝えた。資料写真。

Record China
2019年5月13日 15時0分
続きを読む

ランキング