Record China

ヘッドライン:

「こんなの日本でしか見たことない」、広州での公益事業サミット後の会場の光景に驚き―中国人ジャーナリスト

配信日時:2019年5月17日(金) 16時40分
拡大
中国人ジャーナリスト・王志安氏は16日、自身の中国版ツイッター・微博アカウントで、広州で始まったインターネット公益事業サミットの終了後に参加者らがとった意外な行動を伝えた。

中国人ジャーナリスト・王志安(ワン・ジーアン)氏は16日、自身の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで、広州で始まったインターネット公益事業サミットの終了後に参加者らがとった意外な行動を伝えた。

中国で年に1度開催されるインターネット公益事業サミットでは、騰訊(テンセント)などのインターネット企業の基金団体らが中心となり、インターネットを用いた社会問題解決などについての議論や報告が行われる。

今年度のサミット初日に参加した同氏は、微博で「今日からインターネット公益事業サミットが開幕したが、終了後に清掃をしに会場に入ったスタッフは少しばかり驚いたようだ。なぜなら会場のごみは全て参加者らによって持ち帰られ、ペットボトルや紙切れは1つも残っていなかったからだ。このような光景は、私はこれまで日本でしか見たことがない」とツイート。「みんなが意図的にこうしたのかどうか、私には分からない。だが、もし自発的に行動した結果だとしたら、これは『中国人のお手本』と称するに値するだろう。意図的な行動だったとしても、こうした心掛けが次第に自覚として根付いていくよう期待する」とつづった。

さらに、「公益事業というのは、貧困を無くそうという善意など、その活動自体に価値があるというだけでなく、今回のようにごみを持ち帰るなど、仕事をする間は常に社会の手本となることも求められる。この小さなことが、規範意識や周りへの気遣いを兼ね備えた人だけが、公益事業を享受するに値し、また事業を実行していくことができるということを社会全体に教えている」と続けた。投稿には、サミット終了後に参加者らがごみを持ち帰る様子を撮影した早送り動画が添えられた。

この投稿を見た中国のネットユーザーからは、「さすがは公益サミットの参加者だ」「中国に希望を感じた」「王氏こそ、この国を心から愛する人だ」「そうだ、愛国心とは言いにくいことも国のためなら指摘するということだ」といった参加者や王氏への称賛の声が上がる一方で、「でも清掃員の仕事が無くなっちゃうよ」「清掃会社が人員削減なんてことにならないよね?」と懸念する声も見られた。

また、「社会の風潮が大事だ。日本人だって周りの目がなければ同じことができるとは限らないよ」「私たちも、映画館などで館内にごみを残さず、出口のごみ箱まで持っていくよう心掛けよう」などといったコメントも出た。

あるユーザーは王氏が投稿の中で日本に言及したことを受けて「日本寄りの発言だ」と批判。それに対して他のユーザーからは「君はロシア寄りなのか?」「人格者になれって話をしてるのに、あなたのコメントからは品がないことがすごく伝わってくる」などと非難の声が上がった。王氏本人も返信で「あなたは(抗日映画などの撮影地として有名な)浙江省横店村の方でしょうか?」と反論した。

一方で、「確かにいちいち日本を持ち出さなくてもいい。中国も着実に進歩しているから、90年代以降に生まれた人はこんな光景を見ても特にすごいと思わない」という意見もあった。(翻訳・編集/岩谷)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング