中国高速鉄道、その発展の裏に努力と強い意志―中国メディア

配信日時:2019年5月18日(土) 7時40分
中国高速鉄道、その発展の裏に努力と強い意志―中国メディア
画像ID  1091984
16日、中国青年網は、中国建国70周年に際して中国高速鉄道の発展を振り返る文章を掲載した。写真は高速鉄道。
2019年5月16日、中国青年網は、中国建国70周年に際して、中国高速鉄道の発展を振り返る文章を掲載した。以下はその概要。

中国高速鉄道は2008年から現在に至るまでに、すでに延べ100億人を超える人を輸送してきた。この数字は、中国高速鉄道が国民にとって必要なものであることを裏付けている。そして、数字の背後には鉄道関係者の努力と強い意志があった。

2004~05年、中国はカナダ、日本、フランス、ドイツから相次いで技術を取り込み、高速鉄道列車を設計、生産した。08年には和諧号が北京・天津・河北を結ぶ都市間鉄道で運転を開始した。高速鉄道の出現により、中国の鉄道は大幅なスピードアップを実現したが、当時はまだ他国の技術を引用した生産技術であり、終始、他者による制約を受け、他国に追随する状況に甘んじていた。

そして17年9月21日、中国が完全な知的財産権を持つ高速鉄道列車「復興号」が北京と上海を結ぶ路線で時速350キロの営業運転を開始。これにより中国の高速鉄道はこれまでの状況を打破し、新天地へと駆け出した。また、洗練された技術により、世界各地の高速鉄道の発展にも中国高速鉄道の技術と人材が寄与するようになった。

また、中国高速鉄道は快適性やサービスの質も絶えず高めてきた。顔認証、ネット上での食事注文、Wi-Fi、車内充電といったサービスが次々と打ち出され、高速鉄道により移動時間短縮が実現するとともに、旅客の疲労も軽減されるようになった。

将来の中国はますます多くの発展のチャンスを得ると同時に、多くの試練にも直面することだろう。中国経済の大動脈たる中国高速鉄道が担う責任は重いが、積極的に呼応していくはずだ。そしてまた、世界に対してもしかるべき風格を見せることだろう。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Jac***** | (2019/05/18 10:10)

    日本やドイツの技術を盗む強い意志と努力は事実です。;
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/05/18 09:54)

    快適なサービスの提供を心掛けてきたと書いてあるが、鉄道にとって一番大切なサービスとは安全で時刻に正確に運行する事であり中国の鉄道に一番欠けている物である、あと車内Wifiや充電コンセントの設置など10年以上前から東海道新幹線で行われているサービスを今更のように自慢されても鼻白むというものである
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/05/18 08:31)

    >中国が完全な知的財産権を持つ高速鉄道列車「復興号」が北京と上海を結ぶ路線で時速350キロの営業運転を開始 それでは日本やヨーロッパの高速鉄道は、中国の知的財産権を盗んで完成させたとでも言うのか。中国の特許庁は外国で開発された技術でも、まだ中国で登録させていないものなら認めてしまうからだ。 ところで写真の背景に写っている高層ビル群だが、こんなに密集していれば、後ろの建物は前方の陰になるのではないか。日陰になったら高層ビルの価値がないはずだ。写真ではそれを誤魔化そうとして、正午ごろに撮影したようである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事