Record China

ヘッドライン:

ゲーム開発のためにF-16の説明書を購入したロシア人、米国で逮捕―露メディア

配信日時:2019年5月17日(金) 16時0分
拡大
16日、観察者網によると、ゲームを開発しようとしたロシア人男性が米国のF-16戦闘機の説明書をネットで購入したことで、米当局から逮捕、起訴されたという。写真はF-16。

2019年5月16日、観察者網によると、ゲームを開発しようとしたロシア人男性が米国のF-16戦闘機の説明書をネットで購入したことで、米当局から逮捕、起訴されたという。

記事は、ロシアメディア「ロシア・トゥデイ」の15日付報道を引用。被告は米ユタ州で「米国の転覆を密かに謀った」として起訴され、罪名が成立すると被告は10年以上の懲役刑が科せられることになるという。

検察の起訴内容によれば、被告は2011~15年の間に、ネットショッピングサイトのeBay上で米国の各種戦闘機の説明書を購入。その中にはF-16のすべての型式とA-10攻撃機のものも含まれていたという。検察は、武器の密輸や国の転覆を謀ることを規制する米国の「国際武器取引規則」に反すると判断したそうだ。

被告は「ロシアのゲーム企業の開発者であり、空中戦シミュレーションゲームを開発する上で飛行機の動作原理を深く理解するために資料を集めていた」と供述しているという。

また、ロシアメディア「モスクワ・タイムズ」は16日付の記事で、「ロシア政府がこの件についてすでに米国側に抗議を行っている。ワシントンのロシア大使館が、暗に『被告は米国側によって故意に陥れられた』との見解を示している」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日中関係に影響する米露の要素―華字メディア

2日、日本新華僑報は「日中関係は単純な二国間だけの関係ではなく、米露など複雑な要素が絡み合っている」とする復旦大学日本研究センター研究員・馮瑋(フォン・ウェイ)氏のコラムを掲載した。資料写真。

Record China
2019年2月8日 9時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング