東京大学とJAXAの特別コラボ企画「G-SATELLITE 宇宙へ」が発表

配信日時:2019年5月16日(木) 21時20分
東京大学とJAXAの特別コラボ企画「G-SATELLITE 宇宙へ」が発表
画像ID  1091901
東京2020組織委員会は15日、「ONE TEAM PROJECT」の「宇宙から東京2020エール!」企画第2弾として、東京大学とJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)の特別コラボ企画「G-SATELLITE 宇宙へ」を発表した。
東京2020組織委員会は15日、「ONE TEAM PROJECT」の「宇宙から東京2020エール!」企画第2弾として、東京大学とJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)の特別コラボ企画「G-SATELLITE 宇宙へ」を発表した。「ONE TEAM PROJECT」は、日本を代表する様々なクリエイター、イノベーターが東京2020大会に向けたそれぞれの想いを表現する特別プロジェクト。その第1弾として、昨年3月にJAXAと漫画「宇宙兄弟」がコラボし、漫画家の小山宙哉氏が描き下ろした「東京2020応援パラパラ漫画」で宇宙から地球にエールを届けた。人民網が伝えた。

第1部では東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授の中須賀真一氏、JAXA宇宙飛行士の金井宣茂氏、東京2020組織委員会スポーツディレクターの室伏広治氏が登壇し、それぞれ挨拶を行った。

また、中須賀真一氏は同プロジェクトに関する詳細説明を行った。「G-SATELLITE 宇宙へ」では、国際宇宙ステーション(ISS)から10cm×10cm×30cmサイズの超小型衛星「G-SATELLITE」を放出し、そこに格納されたガンダムとシャアザクを地球や宇宙を背景に衛星のカメラで撮影する。ガンダム、シャアザクの足元にはメッセージを表示する電光掲示板が搭載され、そこに表示される応援メッセージも撮影する。これらの撮影画像は地球へと送信される。格納されるガンダムとシャアザクには様々な工夫が施されており、宇宙環境で変質しにくい素材や塗料が使用され、目はオリンピックカラーの5色に変化するようになっているという。

第2部では、アニメーション映画監督・機動戦士ガンダム総監督の富野由悠季氏も登壇した。富野由悠季氏は挨拶の中で、「東京2020大会をきっかけとしてガンプラを宇宙に放出するという大きなプロジェクトが実現される。50年後、100年後にはこれよりもっと大きな夢を咲かせていってほしい」と話した。

その後、トークセッションが行われ、登壇者4人はガンダムや東京2020大会に対する思いなどについて熱心に語った。

今回の記者発表会の締めくくりとして、登壇者4人は同プロジェクトに対する思いを語った。富野由悠季氏は、「今後いろいろな夢を実現するための一歩となると思う」とし、金井宣茂氏は、「宇宙空間で撮影されたガンダムとシャアザクをとても楽しみにしている」とし、室伏広治氏は、「このプロジェクトを通して、みんなで東京2020大会を成功に導いていきたい」とし、中須賀真一氏は、「全力を挙げて、宇宙の素晴らしい画像、宇宙空間でのガンダムとシャアザクの画像の撮影を実現させたい」と語った。

(文・木村雄太)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事