広州バレエ団による劇「浩然鉄軍」が6月13日に初上演

配信日時:2019年5月16日(木) 23時0分
広州バレエ団による劇「浩然鉄軍」が6月13日に初上演
画像ID  1091858
広州バレエ団が、作家の黄慶雲の長編伝記小説「刑場上的婚礼(The execution ground on a wedding)」を原作に製作した大型バレエ劇「浩然鉄軍」が6月13日に初めて広州大劇院で上演される。
広州バレエ団が、作家の黄慶雲の長編伝記小説「刑場上的婚礼(The execution ground on a wedding)」を原作に製作した大型バレエ劇「浩然鉄軍」が6月13日に初めて広州大劇院で上演される。中国新聞網が報じた。

今年3月初めから現代バレエ劇「浩然鉄軍」の稽古がスタートしてからの約2カ月間、広州バレエ団のメンバーは毎日朝8時からみっちりと稽古を重ねており、時には1日10時間以上稽古する日もあるという。実在する人物をめぐる物語であるため、役に入り込み、心の中まで演じきる必要がありため、現代バレエ劇の稽古は古典バレエ劇よりも難しいのだという。同バレエ団の90後(1990年代生まれ)のメンバーは、それぞれの役を演じるために、ネット上で資料を調査したり、映画や書籍を見たりして、その心の動きに迫ろうと必死に努力を重ねている。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事