<コラム>韓国のこれ、ぜひクールジャパンにあやかりクールコリアに

配信日時:2019年5月19日(日) 14時50分
<コラム>韓国のこれ、ぜひクールジャパンにあやかりクールコリアに
画像ID  1091751
シンマニ(薬草採取のプロ)友とつれだって車で2時間ほどの山に行き、サンサム(天然の朝鮮人参)を1本採取した。15年根程度と推定されるものだった。
シンマニ(薬草採取のプロ)友とつれだって車で2時間ほどの山に行き、サンサム(天然の朝鮮人参)を1本採取した。15年根程度と推定されるものだった。サンサムを取るのはかれこれ5年ぶりくらいだろうか。長いことお目にかかってなかっただけに、今回のサンサムはことのほかうれしかった。

畑に栽培している朝鮮人参はよく六年根といって、六年目に採取するのが一番とされている。その大きさも六年も経つとかなり太く大きくなる。立派だ。写真などでよく見られるものだ。

ところで、天然の朝鮮人参つまりサンサム(山蔘)は、見た目にはあまりにも貧弱なのだ。「え、これで15年根?」と驚くほど小さい。吹けば飛ぶほどに軽い。

でも、このサンサム。山に自生しているその姿には、非常に高貴の面影がある。立っているその姿はとにかく独特そのもの。つんと澄まして立っている。孤高の哲学者のような、あるいは全く反対語のようではあるけれど絶世の美女のような面持ちである。

素人(わたし)はなかなか見つけることが難しい。友のシンマニに「ほら、そこにあるよ」と教えてもらってはじめて認識する。わかってみると、しずしずと立っているその佇まいは、なんとも美しい。しびれるとはこういうときに使うことばなのかもしれない。

実はいま上に書いたように、見つけたのは友のシンマニだ。本当は彼のものなんだけれど、いつも彼と行ってサンサムがあると、彼はわたしに譲ってくれる。値段にすれば、1万から2万円はくだらないだろう。金ではないのだ。友の友情に感謝し、素直にいただく。

家に帰って来て、家族(妻、娘)と3人で三等分して口にした。ゆっくり、じっくり、長い時間かけてしっかり噛んで飲み込む。食べると10分もしないうちに眠気が襲ってくる。これはサンサムの効果が現れている証し。眠気にまかせてその日はそのまま寝た。熟睡、爆睡して、朝、気持ちよく目覚める。どこに利くということではないのだが、体内の免疫力強化になるといったら一番わかりやすいだろうか。ホメオスタシス(homeostasis)を手助けしてくれる働きがあるんだろうと自分では思っている。

サンサムは、韓国(朝鮮半島)産がいちばん薬効があるといわれている。筆者は山国の人間だけれど、日本では見たことも聞いたこともない。たぶん日本にはサンサムはないと思う。栽培される朝鮮人参はあるものの、天然のサンサムは日本にはない。中国にもないようだ。あったとしても薬効がぜんぜん違っているといわれている。

サンサム。これをクールジャパンにあやかってクールコリアとしてリストアップしたい。おそらくこの登録は、万人が認めるところであろう。

■筆者プロフィール:木口 政樹
イザベラ・バードが理想郷と呼んだ山形県・米沢市出身。1988年渡韓し慶州の女性と結婚。三星(サムスン)人力開発院日本語科教授を経て白石大学校教授(2002年〜現在)。趣味はサッカーボールのリフティング、クラシックギター、山歩きなど。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事