カンヌ映画祭に今年も登場した“謎”の人たち、「中国軍団」に無名女優までレッドカーペット荒らし

配信日時:2019年5月16日(木) 11時0分
カンヌ映画祭に今年も登場した“謎”の「中国軍団」
画像ID  1091651
14日(現地時間)、開幕した第72回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで、今年もお騒がせな人々が登場。スタッフの指示に従わず、カーペット上に居座り続けた無名の中国人女優も話題になり、ネット上では批判の声が上がっている。
現地時間14日に開幕した第72回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで、今年もお騒がせな人々が登場。スタッフの指示に従わず、カーペット上に居座り続けた無名の中国人女優も話題になり、ネット上では批判の声が上がっている。

その他の写真

カンヌ国際映画祭のレッドカーペットではここ数年、女優やタレントでもない一般の中国人女性たちが、大量にカーペット上に姿を見せることも話題に。その正体は“網紅”と呼ばれるネットインフルエンサーやセレブ生活をSNSにアップしているブロガーたちで、この「中国軍団」は今年もしっかりと登場。昨年までと比べて、顔触れの年齢層が上がっていることも話題になっている。

さらに今年は、ある中国人女性がカーペット上で立ち止まってポーズをとり、現場スタッフに指示されても頑として前に進もうとしない様子が「笑える」と話題になった。その後、この女性が昨年の大ヒットドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」で貴妃に仕える侍女役で出演した施予斐(シー・ユイフェイ)だったことが明らかに。

この行為に対してネット上では、「売れるためなら何でもする」「わざわざ海外へ恥をさらしに行った」といった批判の声だけでなく、ドラマのファンから「作品を汚した」との怒りも。さらに映画祭の主催側に対して、「お金さえ払えば誰でも受け入れるのか?」「もっと歴史と価値を大事にしたほうがいい」「歴代の受賞者、素晴らしい作品に対してとても失礼だ」などといった不満の声も上がっている。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事