北朝鮮で「激甚な干ばつが継続」の報道、気象観測史上最悪の可能性も

配信日時:2019年5月16日(木) 9時40分
北朝鮮で「激甚な干ばつが継続」の報道、気象観測史上最悪の可能性も
画像ID  1091615
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は2019年5月15日付で、同国全域で「激甚な干ばつが継続」と報じた。1-5月の全国平均降水量は気象観測を始めて以来、最も少なくなる可能性があるという。
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は2019年5月15日付で、同国全域で「激甚な干ばつが継続」と報じた。5月末までは雨が多く降る気象条件は形成されず、1-5月の全国平均降水量は気象観測を始めて以来、最も少なくなる可能性があるという。

1月から5月上旬までの全国平均降水量は平年の42.3%の54.4ミリだった。特に5月上旬の全国平均降水量は0.5ミリ。北部地域でわずかに降雨があっただけで、南部の平壌市、南浦市、黄海北道、江原道では降水がまったくなかったという。記事は、5月末まで雨が多く降る気象条件は形成されないとの見方を示した。

5月下旬も降水量が平均の50%に達しない場合、1-5月の全国平均降水量は75ミリ程度になり、気象観測を初めて以来、最も少ないことになるという。

記事は、農業部門が当面の営農作業とともに、被害を防ぐための水の確保に引き続き力を入れていると紹介した。(編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 大高富***** | (2019/05/16 10:43)

    毎度毎度の自然災害食料危機パターン。干ばつ自然災害→人道支援→経済支援→ミサイル・核開発進展→脅し実験。 世界の数多くの人々はこのサイクルを知っているのですがね…。ミサイル・核開発、実験の膨大な金で北の国民の食料や生活事情は相当よくなるのですが…。×鮮民族は皆この様な”ゆすりたかり”精神で凝り固まっているのでしょうかね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事