ユニクロに46万件以上不正アクセス、中国への影響はなし

配信日時:2019年5月16日(木) 10時50分
画像ID 
日本のファーストリテイリング社は14日、傘下のユニクロとGUのウェブサイトに不正アクセスがあり、不正なログインが46万件以上確認されており、情報流出の恐れがあると発表した。ただ関連情報が第三者に利用されたという報告は今のところはされていない。同社はすでに関連プログラムの「パッチ」を当て、影響を受けたユーザーのパスワードを使用不可にしたと発表した。また影響を受けたユーザーに対して、オンライン店のパスワードの再設定を呼びかけている。同社は本件についてユーザーに謝罪し、再発防止に努めるとした。北京青年報が伝えた。

ユニクロは同日の取材に対し、調査の結果、中国のウェブサイトと情報プラットフォームへの影響は出ていないことを明らかにした。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<