元慰安婦を助けるふりして支援金を盗んだ韓国の男、ネットから批判続出「日本より悪質!」

配信日時:2019年5月15日(水) 21時10分
「日本より悪質!」=元慰安婦を助けるふりして支援金盗んだ韓国の男に批判
画像ID  1091404
15日、韓国・ニュース1によると、元慰安婦女性の後見人を装い、女性に支給される各種の支援金を横領した容疑で70代の男が裁判を受けていることが分かった。写真はソウルの慰安婦像。
2019年5月15日、韓国・ニュース1によると、元慰安婦女性の後見人を装い、女性に支給される各種の支援金を横領した容疑で70代の男が裁判を受けていることが分かった。

ソウル龍山警察署によると、横領の疑いで立件された男は昨年8月に在宅起訴意見付きでソウル西部地検に送致され、現在裁判を受けている。男は12年6月から18年4月まで計332回にわたり、韓国政府などから元慰安婦女性イさんに支給された計約2億8000万ウォン(約2600万円)を横領した疑いが持たれている。

中国で元慰安婦を韓国に帰国させる活動をしていた男は、11年にイさんと知り合い、帰国させた。その翌年にイさんを慰安婦被害者として政府に登録し、支援金を受けられるようにした。慰安婦被害者として登録すれば、韓国政府から特別支援金4300万ウォンが一時金として支給され、その後毎月生活支援金として140万ウォンが支給されるという。

関連市民団体から情報提供を受け、韓国政府は17年12月に警察に捜査を依頼した。男は警察の取り調べで容疑の一部を認めたという。

なおイさんは昨年12月14日に死去している。

これについて、韓国のネットユーザーからは「信じられない。本当に韓国人?」「元慰安婦を裏切る韓国人は、過去を謝罪しない日本より悪質」「よりによってわが民族にとって大事な(元慰安婦の)おばあさんの金を盗むなんて」など批判の声が続出している。

また「韓国でセウォル号事件と慰安婦問題はいつもこうやって利用されている」「悲しいけど、弱者を利用しようとする人は至るところに潜んでいる」「どおりで元慰安婦の周りに人が多いわけだ」など現状を嘆く声も多く見られ、「慰安婦関連の団体を全て調査してほしい」と訴える声が上がっている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事