Record China

ヘッドライン:

韓国のモバイル決済市場はサムスンが独占、シェア8割―中国メディア

配信日時:2019年5月16日(木) 6時10分
拡大
2019年5月14日、中国メディアの騰訊科技は、韓国のモバイル決済市場はサムスン電子のシェアが80%と独占状態にあると報じた。

記事によると、サムスン電子は14日、同社のモバイル決済サービス「サムスンペイ」の累積決済金額が40兆ウォン(約3兆6800億円)に達したと発表した。

15年8月にサービスを開始したサムスンペイの累積決済金額は1年目に2兆ウォンを実現。今年4月末に40兆ウォンの大台を突破し、利用者数も1400万人を超えた。

サムスンペイが、アップルペイやグーグルペイと異なるのは、NFCを使ったワイヤレスの支払いができるだけでなく、一般的な磁気クレジットカードの読み取り機もサポートしている点にある。

韓国金融監督院によると、韓国国内の簡単決済におけるサムスンペイのシェアは80%に上るという。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング