Record China

ヘッドライン:

サムスンやロッテも排出データ偽造の疑いで調査、韓国スモッグ問題―中国紙

配信日時:2019年5月15日(水) 19時10分
拡大
14日、新京報は、韓国で明るみに出た企業の大気汚染物排出データ偽造疑惑について、サムスンやロッテなどにも調査が及んだと報じた。写真は大気汚染が深刻な日のソウル。

2019年5月14日、新京報は、韓国で明るみに出た企業の大気汚染物排出データ偽造疑惑について、サムスンロッテなどにも調査が及んだと報じた。

記事によると、韓国環境部は先月、企業235社のデータ偽造疑惑を公表。同国では、サムスン電子、錦湖石油化学、ロッテケミカルも同様の疑いで検察当局の調査を受けたことがこのほど報じられたという。

この問題に対し、サムスン電子はデータ測定を代理で行っている企業にデータ修正を求めたことはないとコメントしている。錦湖石油化学は関係者を検察に向かわせたことを説明し、「真摯(しんし)な態度で調査を受けている」と表明しているそうだ。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング