日本の第5世代戦闘機開発はなぜ見通しが暗いのか―中国メディア

配信日時:2019年5月17日(金) 12時0分
日本の第5世代戦闘機開発はなぜ見通しが暗いのか―中国メディア
画像ID  1091336
14日、中国国防報は、日本による第5世代戦闘機製造の見通しが暗いと言われる理由について論じた記事を掲載した。写真はF-22。
2019年5月14日、中国国防報は、日本による第5世代戦闘機製造の見通しが暗いと言われる理由について論じた記事を掲載した。以下はその概要。

近ごろ日本国内で、国産のF-3ステルス戦闘機の開発を加速させ、2030年までにF-2と交代するとの情報が流れた。その性能は米国のF-22戦闘機を全面的に凌駕するという。しかし、その研究開発過程を見ていくと、おそらく失敗に終わるとの分析が出ているのだ。

戦後の日本は米国によって武器の開発が阻害、制限されてきた。それでもF-1、F-2戦闘機の開発で各世代戦闘機の開発経験を積んでおり、今度は第5世代戦闘機となるF-3の開発に乗り出した。

前世紀末、日本は米国に対してF-22の購入を申し込んだが、米国は2000年に技術流出への懸念から同機の輸出を禁止した。米国は代わりに日本にF-35Aを買わせ、生産ラインの輸出まで行った。しかし日本は決して満足することはなく、自らF-22より先進的な戦闘機を作ることを決意したのである。

その特徴は超強力なエンジン、超強力な機体用複合材料、超巨大な弾倉の設計に現れている。ただ、軽量化のためにすべて炭素繊維で機体を造る設計は安全性への大きな疑問があり、戦闘により破損した場合に分解する恐れがある。また、より長いミサイルを搭載可能な弾倉は強度の確保が難しく、高速飛行中に弾倉を開いた際に変形が生じる可能性があるのだ。

日本に第5世代戦闘機を開発する能力があるかについては「種々の大きな困難を伴うものの、強力な基礎工業や米国の技術支援があれば可能」との見方が一般的だ。2030年の投入を想定しているF-3の開発も、技術的な難題を解決する時間は十分にあるとみられている。

しかし問題は、各国が新型戦闘機の開発を続けている中で、30年には第6世代戦闘機が誕生しているであろうことだ。この時、F-3戦闘機は時代遅れの改良型第5世代戦闘機と位置付けられるだろう。それを、日本の自衛隊が良しとするかは、分からない。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ハムス***** | (2019/05/17 22:56)

    よその国の飛行機の事より、ディーゼルエレクトリックに勝てない原潜の心配をした方が良いぞw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2019/05/17 15:53)

    なんだ、中国は自国の未来にまだ気付いてないのか? 開発の見通し云々の前に、「これらは要らなくなるかもしれないな」なんだよ。 渦中の米中貿易戦争が過熱し、今後どのような結果をもたらすかを考えりゃ見えてくるからな。 「これまで一番の懸念材料だった野蛮な侵略国家である中国は、間もなく勝手に自滅してくれるから、防衛に巨額の投資を注ぎ込むより、開発の意思と姿勢だけ維持しておけば今後は充分だな」って魂胆なのだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事