犬に付けた名前が原因で10日間の行政拘留処分に―中国

配信日時:2019年5月16日(木) 23時0分
犬に付けた名前が原因で10日間の行政拘留処分に―中国
画像ID  1091335
14日、中国でこのほど、SNS上に繰り返し「犬に『城管』や『協管』と名付けた」などと書き込んだ男性が、騒動挑発に当たるとして、治安管理処罰法に基づき10日間の行政拘留処分を下された。写真は違法露天の取締りをする北京の「城管」。
2019年5月14日、中国メディアの観察者網によると、中国安徽省阜陽市でこのほど、SNS上に繰り返し「犬に『城管』や『協管』と名付けた」などと書き込んだ男性が、騒動挑発に当たるとして、治安管理処罰法に基づき10日間の行政拘留処分を下された。

男性は犬のブリーダーで、「面白がって名付けた。法律違反とは知らなかった」などと話しているという。

中国メディアによると、「城管」とは、都市管理行政執法局およびその職員のことで、露天商の無許可営業や違法駐車などを取り締まるが、横暴な振る舞いから「制服を着た無法者」と呼ばれることもある。「協管(員)」とは、地方政府の交通、収税、城管などの各機関の職務を代行する人のこと。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事