【募集中】韓国語社内スタッフ

「中国が一部承諾を取り消した」とトランプ大統領、中国外交部はどう反論?―中国メディア

配信日時:2019年5月15日(水) 7時50分
「中国が一部承諾を取り消した」とトランプ大統領、中国外交部はどう反論?
画像ID  1091211
中国外交部の耿爽報道官は14日、「中国が一部承諾を取り消した」とするトランプ米大統領のツイートについて、「双方が合意に達しない中で『承諾に背く』とはどこから来る言葉なのか」と不快感を示した。写真は耿爽報道官。
中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は14日、「中国が一部承諾を取り消した」とするトランプ米大統領のツイートについて、「双方が合意に達しない中で『承諾に背く』とはどこから来る言葉なのか」と不快感を示した。環球網が伝えた。

耿報道官はこの日の定例記者会見で出た、「トランプ大統領はツイッターに『米中両国の貿易協議は95%まで完成したのに中国が一部承諾を取り消した』と投稿した。中国が協議で立場を後退させ、協議の挫折を引き起こしたとの指摘がある。中国はこれをどう見るか」との質問に対し、米中がまだ話し合いの最中にあることを挙げて「双方が異なる意見を持つことは完全に正常なことだ」と発言。「これが協議を続ける原因」とし、「協議はまだ終わっておらず、双方が合意に達しない中で『承諾に背く』とはどこから来る言葉なのか」と指摘した。

さらに、これまで態度を変えてきたのは米側との考えを示し、「協議の合意には双方の努力が必要。米国が中国と向き合うよう希望する」と述べた。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/05/15 12:10)

    中国だけ独自の経済ルールが許されるわけはない。 このまま独自ルールを続けたいなら、中国を世界貿易から放り出すべきだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hig***** | (2019/05/15 08:14)

    「中国は巨大な社会であって国家ではない」と明治の 元勲は喝破したが、これは今になっても変わらず、一担当官 が公式の場で言ったことは、当然その国の意思として判断 される。それが中国の場合はあとで自分たちの都合の良いように コロコロ変わる。米国はその公式の場での中国人の発言をまともに とっての判断で、中国人にしてみればその場の都合で言ったにすぎない。 日中戦争はすべて日本の侵略となってしまっているが、この中国人の 態度に、戦前の日本政府は散々振り回され、結果はクソまじめな日本 役人の無能もあってうまく機能しなかった。戦前の日中と現在の米中 のやりとりもよく似通っている。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事