【募集中】韓国語社内スタッフ

専門家が予測する今後の日中経済貿易協力の10大重点分野―中国メディア

配信日時:2019年5月15日(水) 7時30分
専門家が予測する今後の日中経済貿易協力の10大重点分野
画像ID  1091169
国際学術シンポジウム「国際情勢変動下の中日関係:実務協力と未来展望」が12日、北京民族飯店で開催された。
国際学術シンポジウム「国際情勢変動下の中日関係:実務協力と未来展望」(主催:中国社会科学院、運営:中国社会科学院日本研究所)が12日、北京民族飯店で開催された。人民網が伝えた。

中国社会科学院日本研究所の張季風(ジャン・ジーフォン)副所長は、今回のシンポジウムの基本的特徴を「三高一実」との言葉でまとめた。「三高」はレベル、位置付け、水準の高さ、「一実」は実際に基づき実務協力を行うことを意味する。

張副所長は、中国が経済モデルの転換に伴い質的発展を一層重視するようになることから、今後日中経済貿易協力の重点となりうる分野として以下を挙げた。

(1)グローバル・バリューチェーン、産業チェーン、サプライチェーン間の協力。

(2)省エネ・環境保護、エコ・低炭素、経済分野の協力。

(3)世界の最先端分野の協力。例えば、AI、ロボット、宇宙開発生命科学など。

(4)高齢社会への共同対応、医療産業、介護などの協力。

(5)農村建設、現代農業、食品安全分野の協力。

(6)観光拡大、現代的サービス業の協力。

(7)金融分野の協力。マクロ経済政策の意思疎通を強化する。

(8)防災・減災分野の協力。

(9)第三国市場協力。日中両国は第三国市場協力で日中経済協力の新たな場を開拓した。「1+1+1>3」という多国間のウィンウィンの効果を得ることができる。現在日中はすでに52件の合意に調印しており、総額は180億ドルに上る。今後はこうした合意をどう確実に実行し、根を張り、花を咲かせ、実を結ぶようにするかだ。

(10)制度化された様々な協力の強化。日中韓FTAの他、早期に日中間のFTA、中国とCTPPTとの協力などの問題を検討すべきだ。(提供/人民網日本語版・編集/NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事