Record China

ヘッドライン:

<鳥インフル>死者に接触していた人が感染か?発熱や喉の不調で隔離治療―上海市

配信日時:2013年4月5日(金) 8時54分
拡大
4日、中国・上海市国家衛生・計画生育委員会の発表によると、H7N9型鳥インフルエンザ感染の死亡者と頻繁に接触していた人に発熱や鼻水、喉の不調などの症状が現れ、現在同市公共衛生臨床センターで隔離治療を行っている。写真は上海市にある病院の発熱外来。
(1/2枚)

2013年4月4日、中国・上海市国家衛生・計画生育委員会の発表によると、H7N9型鳥インフルエンザ感染の死亡者と頻繁に接触していた人に発熱や鼻水、喉の不調などの症状が現れ、現在同市公共衛生臨床センターで隔離治療を行っている。新華社通信が伝えた。

その他の写真

同市では同日午後11時現在(現地時間)、6人がH7N9型に感染し、うち4人が死亡している。6人の間に関連性は見つかっていない。

今回明らかになった、感染が疑われている人は、今月3日にH7N9型の感染により死亡した人と接触していたという。このほか、31人が頻繁に犠牲者と接触していたが、今のところ不調を訴える接触者は新たに出ていない。

また、4日には国家鳥インフルエンザ参考実験室が、上海市松江区にある農産品市場のハトからH7N9型ウイルスを検出したと明らかにした。上海市はすでに同市場を閉鎖し、市場内の鳥類を全て殺処分にするなどの措置を取っている。(翻訳・編集/内山

関連記事

<鳥インフル>浙江省で新たに1人が感染、上海市では疑い例の男性が死亡―中国

4日、中国・浙江省衛生庁は、同省で新たに1人のH7N9型鳥インフルエンザウィルス感染者が確認され、省内の感染例が3件に増えたと明らかにした。写真は浙江省衢州市疾病コントロールセンター。4日に職員がインフルエンザウィルスのサンプルをもとに検査を実施した。

Record China
2013年4月4日 19時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング