【募集中】韓国語社内スタッフ

前代未聞!スイスに1万2000人の超大型中国人団体客=観光局は「天からの贈り物」、でも現地は「生活に支障きたす」と不満

配信日時:2019年5月14日(火) 15時50分
スイスに中国人団体客1万2000人!観光局大喜びも現地住民は不満
画像ID  1091043
スイス紙、ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは12日、米国に本社を置く大手直販会社、ジュネス・グローバル社が先週から、1万2000人の中国人従業員を引き連れてスイスで超大型社員旅行を行っていると報じた。写真はスイスのルツェン駅。
スイス紙、ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは12日、米国に本社を置く大手直販会社、ジュネス・グローバル社が先週から、1万2000人の中国人従業員を引き連れてスイスで超大型社員旅行を行っていると報じた。13日、中国・環球時報が伝えた。

この1万2000人の団体客は6日間で、スイスのライン滝、アーレ峡谷、ティトリス山、ルツェルン湖などの観光地や、首都ベルンやチューリッヒといった都市をグループに分かれて訪れる予定だ。一行の旅費は、航空券代を除いても、宿泊費や食費、交通費、観光費用など合わせて計1400万スイスフラン(約15億円)に上るとみられている。

ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは、「一行のうち一部は10日の朝から観光を始めたが、どこへ行っても特別警官が秩序維持を行い、カフェやレストランに入るにも人数を分散しなければならない状況だった」などと伝えた。現地メディア・20 Minutenも、先週、団体客のうち4000人がルツェルン湖を訪れた際、現地で手配したツアーバスは合計95台にも及び、並ぶと1キロメートルを超える列になったことを報じたという。

また、ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは「今回の『スイス史上最大の団体旅行』のような大型団体客は、わが国のようなヨーロッパの小国にとって、とりわけ交通といった面で試練だと言える」としており、ネットユーザーからは「われわれ現地の人々の生活に支障をきたす『やりすぎた旅行』だ」という批判も上がっていると説明した。

一方で、スイスの旅行業界は「1万2000人の中国人はチューリッヒの神からの贈り物だ」と歓喜しているという。スイス紙、ターゲス・アンツァイガーによると、チューリッヒ観光局長は「スイスは運営体制が整っているので大型団体客が来ても問題もなく利益を出せる。レストランやホテルといった施設も、中国人が来ても何の問題もないと表明している」と話したという。

中国では、このニュースを新浪財経の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントが伝えると、ネットユーザーからは「スイスの人は『中国人に占拠される!』と思っただろうな」「こんな大勢の人がスイスのビザを取れるなんて、中国は強くなったものだ」などといった声が上がった。

また、「旅行ビジネスに関わる人以外は団体客を歓迎してないってことか」「中国国内でもこんな中国人団体客の大群を見たら気が滅入っちゃうよ」などといった指摘もあり、「旅行する人には自分は国を代表しているという自覚を持って、現地の習慣や法律を守ってほしい」というコメントには多くの共感が寄せられた。(翻訳・編集/岩谷)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Jen***** | (2019/05/15 10:20)

    中国人観光客の「真の恐ろしさ」を知らない国の環境局は、最初は 大歓迎するんだよね。 豪州でもドイツでも、どこもそうだった。 だが、 ●大声で騒ぐ ●公共の場(車道など)にペタペタと座り込む ●公共の場で買って来た品物を広げ、包装紙や箱をその場に捨てて行く ●所かまわず用を足す ●池を見ると硬貨を投げ込む ●立ち入り禁止の場所にズカズカ入り込む ●申告せず、持ち込み禁止の生肉や植物を大量に 持ち込もうとし、それを阻止されると空港で暴れる・暴言を吐く ●客は偉いんだと勘違いしている為、空港でもホテルでもお店でも 横柄な態度を取り、無理難題を言って困らせる ●客室を汚し放題 ●客室の備品を持ち帰る ●空港やホテルに古いスーツケースを捨てて行く ●山に登ると、取ってはいけない高山植物や石を搾取する 全員が全員、そうだとは言わないが、 多くがこれに該当するから、段々疎まれるようになる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/05/14 17:27)

    1万2000人の中国人なんて〈イナゴの大群〉と同じである。通り過ぎたあとには、田畑は食い荒らされ、ゴミが散乱して、人の住めない環境になっているはずだ。ホテルの部屋は汚され、観光資源は壊されるか盗まれるかして、翌年からは誰も(中国人も含め)観光に来なくなるだろう。第二次世界大戦で枢軸国にも連合国にも組しなかった〈永世中立国〉でも、中国イナゴの来襲だけは防げないようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事