Record China

ヘッドライン:

北京の新空港でA380など大型旅客機の発着テスト―習近平政権による国策開発の目玉の一つ

配信日時:2019年5月14日(火) 10時50分
拡大
習近平政権が国策として進めている北京・天津・河北の一体化開発の目玉の一つである北京大興空港で13日午前、A-380など大型旅客機4機による発着テストが実施された。
(1/3枚)

習近平政権が国策として進めている北京・天津・河北の一体化開発の目玉の一つである北京大興空港で13日午前、A-380など大型旅客機4機による発着テストが実施された。新華社や環球網など中国メディアが2019年5月13日付で伝えた。

その他の写真

新華社によると、テストに参加した旅客機は中国南方航空のA380、中国東方航空のA350-900、中国国際航空のB747-8、厦門(アモイ)航空のB787-9。関係者によると、北京大興空港の発着には計94項目の手順があり、うち12項目の手順を確認したという。また、同空港の開港に伴う航路の変更のために、周辺地域を中心に計33項目の飛行手順が変更されるという。

北京大興空港(1期分)の滑走路は4本で、うち3本は3800メートル、1本は2380メートル。将来的には滑走路を計6本として、年間88万回の航空機発着回数と、延べ1億人の旅客数、貨物400万トンの取り扱い能力を持たせる計画だ。

なお、成田空港は2018年実績で、航空機の発着回数が約25万5000回、旅客数は約4260万人、国際線貨物取り扱い量は約220万トンだ。

北京大興空港がある北京市大興区は北京市最南部にある。1950年代から野菜類や果実などの郊外型農業の生産拠点としての開発が始まり、中でもスイカの生産で有名になった。習近平政権は14年初頭に、北京・天津・河北の一体化開発を国家戦略として採用した。大興空港の建設は、同戦略の目玉の一つ。19年秋の開港が見込まれている。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

アジア最大の航空機格納庫、鉄骨構造が完成=サッカー場5個分の広さで大型旅客機12機を収用可能―北京市

北京新空港(北京大興国際空港)で3日午前、建設中の格納庫の鉄骨が屋根部分まで組み合わされたた。サッカー場5個分の大きさで、世界最大の旅客機であるエアバスA380やボーイングB777など航空機12機を同時に収容できることになるという。

Record China
2018年9月5日 9時20分
続きを読む

全世界のスマートシティーの半数、500カ所が中国に=ただし「ちっともスマートでない」例が続出

全世界でスマートシティーの建設に取り組んでいる都市の半数に相当する500カ所が中国に集中している。ただし、実情は「スマート」でない場合も多いという。写真は深セン市で開催されたAIoT+スマートシティーサミットのイメージ図。

Record China
2019年5月7日 23時50分
続きを読む

ランキング