日本の新型新幹線「ALFA-X」のノーズがいくらなんでも長すぎると中国ネットで話題に=「これはあまりにダサすぎる」

配信日時:2019年5月11日(土) 22時20分
日本の新型新幹線「ALFA-X」のノーズがいくらなんでも長すぎると中国ネットで話題に=「これはあまりにダサすぎる」
画像ID  1090409
新浪経済は10日、、JR東日本の新幹線試験車両「ALFA-X」を紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
新浪経済は2019年5月10日付で、JR東日本の新幹線試験車両「E956」(愛称「ALFA-X」)について紹介する記事を掲載した。

記事は、「5月9日、に宮城県内で新幹線試験車両『ALFA-X』が公開された。この車両の設計のポイントは先頭車両の長いノーズで、空気抵抗を抑え、トンネル突入時の騒音を軽減することができるという。同車両は最高時速360キロメートルで、11日から走行試験が始まる」と紹介。「ALFA-X」の動画も掲載している。

この「ALFA-X」は、東京駅寄りの1号車と新青森駅寄りの10号車とで異なるデザインを採用しており、1号車のノーズは約16メートルとE5系より少し長い程度だが、10号車のノーズは約22メートルでかなり長くなっている。

これに対し、「これはあまりにダサすぎる」「このデザインはちょっとおかしいだろう」「こんなに大きなノーズは全く不要だ。衝撃を緩和するといってもあんなに速い車両なら無駄だし、空気抵抗を減らすといってもたいした差はない。見た目のバランスが取れておらず、わが国の復興号には遠く及ばない」などのコメントが寄せられた。

また、「日本の車両の多様性に中国は及ばない」「日本がいかに控えめであるかをよく見た方がいい」「ある点においてはやはり日本に敬服せざるを得ない」など称賛するコメントもあったが、「中国は時速350キロメートルで安全に運行して何年にもなるのに、時速360キロメートルの走行試験に敬服するおかしな人たちがいる」などの反論も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事