Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】関税は自身に跳ね返る「ムチ」たりうる

配信日時:2019年5月10日(金) 21時50分
拡大
 ワシントン時間10日午前0時1分(北京時間同日午後0時1分、日本時間同日午後1時1分)、米国は中国からの輸入商品2000億ドル分についての関税率をそれまでの10%から25%に引き上げた。中国側はそれに対応して、ほとんど時を置かず北京時間午後0時3分に、「必要な対抗措置を取らざる...
(1/2枚)

 ワシントン時間10日午前0時1分(北京時間同日午後0時1分、日本時間同日午後1時1分)、米国は中国からの輸入商品2000億ドル分についての関税率をそれまでの10%から25%に引き上げた。中国側はそれに対応して、ほとんど時を置かず北京時間午後0時3分に、「必要な対抗措置を取らざるをえない」と宣言した。

その他の写真

 遺憾なことに、中米貿易戦争が改めてエスカレートしてしまった。その原因は結局のところ、米国側が中国側の誠意に富む態度と行動を無視し、「米国優先」を信奉することに終始し、中国側に法外な要求をして極限までの圧力をかけたことだ。このことは、相互尊重と平等で互恵的な交渉の原則に根本的に反しており、その結果として摩擦をエスカレートさせることになった。

 交渉事とは、双方によって成り立つものだ。中国側は、実際の行動をもって最大限の誠意を示し、最大限の努力を尽くした。ならば米国側も中国に向き合わねばならない。中米両国は経済貿易の協議で1年以上にわたる話し合いをしてきた。その初期から、中国としては米国側のやり方に“学ばされる”ことも多かった。一方で米国側も中国側の原則と立場をはっきり理解したはずだ。それは「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない。必要とあらば戦うことも辞さない」ということだ。中国側は、協力という形での解決を願ってきた。ただし、この「協力」には大原則がある。それは、中国の国家としての核心的利益と国民の根本的利益を損ねないことだ。

 いま思い起こさねばならないのは、米国側がこれまで「米中は歴史的な合意を達成するだろう」と繰り返し表明してきたことだ。関税引き上げの突然の強行は、世界貿易機関(WTO)の国際義務に対する公然たる違反であり、多国間貿易のルールに対する公然たる挑戦であり、中米双方と全世界の利益を一層損ねることだ。こうしたやり方は、米国民を含む全世界の人々に強く反対されることだろう。全米商工会議所のトーマス・ドナヒュー会頭は「追加関税による貿易戦争の発動を支持しない」と述べ、その理由を、納税するのは米国の家庭と米国企業であり、外国人ではないからだとした。また、米国の150以上の貿易団体をまとめるロビー活動組織「ハートランドを苦しめる関税」も、「関税引き上げにより全米で約100万の雇用が奪われる。被害を受けるのは米国の農民であり、企業であり、消費者だ」と表明した。

 米国が改めて関税引き上げの「ムチ」を振り上げたのは、中国の発展の歩みを阻止するためだ。しかし、その思惑通りにはならない。過去1年の間に、中国が経済、社会、民衆の心理の各方面で、適切な対応を行い、圧力に対する抵抗力を大幅に増強させたことを、世界に人々が目撃している。現在は各分野で、中国の有利さを示す積極的なシグナルがさらに多くなった。中国はさらに粛々と対応し、これまで以上の自信と能力をもって試練の波風に耐えるだろう。自らのことをしっかりとやり遂げ、改革にさらに力を入れ、開放のレベルをさらに高めることにより経済のハイクオリティな発展を推し進めることで、中国は世界のためにさらに大きな発展のチャンスを作り出すことになる。(CRI論説員 盛玉紅)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

劉副総理、第11回貿易ハイレベル協議でワシントン入り

 中米経済対話の中国側リーダーを務める、劉鶴中国共産党中央政治局委員兼国務院副総理は9日、第11回中米経済貿易ハイレベル協議のためにワシントン入りしました。 ワシントンに到着した劉副総理は、報道機関に対して、「誠意を携えて来た。現在のこの特殊な状況下で、理性と誠意をもって米側と意...

CRI online
2019年5月10日 11時40分
続きを読む

孟晩舟氏の弁護団「拘束は違法」

 カナダ・ブリティッシュコロンビア州の高等裁判所で現地時間8日、逮捕された通信機器大手「ファーウェイ」の孟晩舟最高財務責任者(CFO)を米国へ引き渡すかについての公聴会が行われました。 孟氏の弁護団は「米国の引き渡し要求は根拠がなく、カナダでの身柄拘束は違法だ」と主張しています。...

CRI online
2019年5月9日 19時50分
続きを読む

【CRI時評】台湾問題を利用して中国をけん制しようとたくらむ冒険は必ず行き詰まる

 米下院は7日、いわゆる「2019年台湾保証法案」と「台湾および台湾関係法の履行に対する米国の約束を再確認する決議案」を可決した。これは、米国が再び、台湾問題を利用して中国の内政に荒々しく干渉し、中国の平和的発展を阻止しようとする極めて危険な政治行動であり、米国の一部勢力が政治を...

CRI online
2019年5月9日 19時5分
続きを読む

【CRI時評】話し合いと対決の繰り返しが中米経済貿易摩擦の常態に?

 米通商代表部(USTR)は8日、中国の対米輸出商品2000億ドル分に対する関税を10日に10%から25%に引き上げると宣言した。中国側はこれに即座に反応。「貿易摩擦のヒートアップは両国および世界の人々の利益に合致しない」と指摘し、深い遺憾の意を示した上で、「米国が新たな関税措置...

CRI online
2019年5月9日 18時45分
続きを読む

【CRI時評】「一帯一路」経済体は世界第二の経済ブロックに

 5月に入り、「一帯一路」の建設に関する2件の研究レポートが人々の注目を集めた。 そのうちの一つは中国国際経済交流センターを筆頭とする国内外のシンクタンクが7日に北京で発表した「『一帯一路』貿易投資インデックスレポート」だ。国連の関連データに基づいて分析を行った同レポートは、「『...

CRI online
2019年5月8日 19時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング