目標は世界最速360キロ!日本の新型新幹線「ALFA-X」に、中国ネット「中国は361キロ実現だ」

配信日時:2019年5月10日(金) 12時40分
目標は360キロ!新幹線「ALFA-X」に、中国ネット「中国は361キロだ」
画像ID  1090084
10日、次世代新幹線開発を進めるJR東日本の試験車両「ALFA-X」がお披露目されたとのニュースに、高速鉄道大国・中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。
2019年5月10日、次世代新幹線開発を進めるJR東日本の試験車両「ALFA-X」がお披露目されたとのニュースに、高速鉄道大国・中国のネットユーザーが反応を示している。

JR東日本は9日、10両編成の「ALFA-X」を報道陣にお披露目した。1号車(東京寄り)の鼻部分は約16メートル、10号車(新青森寄り)は約22メートルで、2種類の形状製作はトンネル突入時の圧力波抑制を目指すためだそうだ。

同社が東北新幹線の仙台―新青森間を中心に行う走行試験では、最高時速400キロでの走行も実施するという。営業運転で目標とするのは、現在の最高時速を40キロ上回る360キロだ。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では新京報が「高速運行時の騒音を減らすために、『大きな鼻』の外観になった」「JR東日本は新車両が時速360キロを達成し、『世界最速』車両となることを希望している」などと紹介。これに対し、中国のネットユーザーからは「この車両のデザイン、すごくクール」「日本は狭い国なのに」「ALFA-Xが営業運転を始めるのは2030年ごろでしょ。中国は『超高速鉄道』をデビューさせているはず」「時速3600キロじゃなかった。よかった」「中国は2030年までに361キロを実現させて」などのコメントを寄せている。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/05/10 16:36)

    日本とJRが目指しているのは、時速360キロの安全運転である。もし中国が最高時速でそれを上回っても、鉄道技術者は誰も乗らないはずだ。そして脱線事故が起きたら『輸入した部品に欠陥があった』と誤魔化すだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2019/05/10 15:25)

    先頭部分のデザイン、すごかった! 早く乗ってみたいね~
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/05/10 15:17)

    以前も言った事があるが、中国高速鉄道の時速350キロはハッタリもいいところで、実際には出しても時速260キロ程度、大半の区間では時速200キロ以下の運転をしている事が多い、その証拠にギネスブックに記録されているのは日本とフランスの時速320キロである、このALFA-Xは最終的に時速400キロでの営業運転を目指しており、そこへ到達するまでのステップとして時速360キロの実用化を推進しているに過ぎない、日本の旧式新幹線の劣化コピーに過ぎない中国高速鉄道とは比べるも愚かなのである
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事