パナソニックと中国GCソーラーが太陽電池事業で協業、その他

配信日時:2019年5月10日(金) 9時10分
パナソニックと中国GCソーラーが太陽電池事業で協業、その他
画像ID  1089978
パナソニック株式会社ライフソリューションズ社は、中国の太陽電池メーカー、GS-Solar(China)(鈞石(中国)能源、本社・福建省泉州市、=写真)と、太陽電池事業で協業することに合意した。
パナソニックと中国GCソーラーは太陽電池事業で協業 / ツムラは中期経営計画に「中国における成長投資と事業基盤の構築」を盛り込んだ / SBクラウドと縁通は中国向けWebサイトのアクセス高速化ソリューションを提供 / JFE商事は「浙江ブルジョア」に出資 / 日産・ルノー・日産自のVCファンドが在中スタートアップ支援組織と提携 / アクロディアはCOSTCO中国向けにブロックチェーン利用のポイントシステム提供へ

●パナソニックと中国GCソーラーが太陽電池事業で協業
パナソニック株式会社ライフソリューションズ社は、中国の太陽電池メーカー、GS-Solar(China)(鈞石(中国)能源、本社・福建省泉州市)と、太陽電池事業で協業することに合意した。2019年5月9日付で発表した。

ライフソリューションズはソーラー事業の子会社であるパナソニック エナジー マレーシア(マレーシア工場)を譲渡するとともに、太陽電池の研究開発機能を分離して新会社を設立する。GSソーラーと共同での出資・運営する。

ライフソリューションズは今後も、マレーシア工場で生産する太陽電池モジュールを調達・販売する。日本や米国の当社ソーラー生産拠点は継続する。

●ツムラ、中期経営計画に「中国における成長投資と事業基盤の構」を盛り込む
ツムラは9日、2019-21年度を対象とする第3期中期経営計画を発表した。(1)漢方市場の持続的拡大とプレゼンスの確立、(2)中国における成長投資と事業基盤の構築、(3)新技術を活用した生産性の向上(AI、ロボット化、RPA)などを盛り込んだ。

「中国における成長投資と事業基盤の構築」では、♦「薬食同源」製品や飲片(刻み生薬)など既存製品の販売を通じて、2021年度売上高約40億元を目指す♦中成薬事業本格化に向けた基盤構築を進めるため、500億~1000億元規模の投資を行う♦分析研究センターを2021年度に稼働させ、生薬・中成薬の品質基準の確立を目指す♦天津工場(津村盛実製薬)で日本向けエキス粉末の生産を生産を2021年度に開始する。将来は中国向け製剤の主要生産拠点とする――を盛り込んだ。

●SBクラウドと縁通が中国向けWebサイトのアクセス高速化ソリューションを提供
SBクラウドと縁通は9日、日本企業の中国進出支援を目的に協業し、中国向けWebサイトのアクセス高速化ソリューションの提供を同日開始したと発表した。

日中間のインターネット接続は遅延やパケットロスといったネットワーク上の問題が多く、特に中国から日本国内に置かれたサーバーで運用しているWebサイトへアクセスする場合、遅延や通信遮断が発生しやすいという。

同問題の解決のためには、中国側のサーバーでWebサイトを開設して運用するという方法もあるが、現地法人を通じて「ICP登録」と呼ばれる手続きを行う必要があり、手間がかかる。

SBクラウドと縁通が提供するソリューションでは、国内のサーバーでWebサイトを運用しながら、中国からのアクセスを高速化する。そのため、「ICP登録」は不要になる。

●JFE商事、仏大手モーターコアメーカーの中国法人「浙江ブルジョア」に出資
JFE商事は9日、仏大手モーターコアメーカーr. bourgeoisの中国法人である浙江宝捷(浙江ブルジョア)の一部株式を4月に取得したと発表した。

浙江ブルジョアは2010年に設立されたモーターコアメーカーで、主に中国に進出した欧州系や中国系の自動車・電機メーカー向けにモーターコアの加工・販売を行っている。

●日産・ルノー・日産自のVCファンドが在中スタートアップ支援組織とパートナーシップ
テクノロジー系の新興企業に投資を行うルノー・日産自動車・三菱自動車の戦略的ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」は9日、中国で活動するスタートアップ支援組織のPlug and Play Chinaとパートナーシップを締結したと発表した。

中国は自動車産業の技術革新をリードしており、Plug and Play Chinaの力を活用し、モビリティ体験を変革する新興企業や技術にアクセスすることが可能になると考えた。双方が中国国内を対象に結んだパートナーシップの期間は3年間。

Plug and Play Chinaは、グローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターのであるPlug and Play(本社・米シリコンバレー)の中国支社。Plug and Playの創業は2009年で、6000社を超えるスタートアップと220社を超える企業パートナーによる幅広い産業分野でイノベーションエコシステムを構築しています。Plug and Play Chinaの設立は2015年で、中国で300社以上のスタートアップに支援及び投資を行っている。また、米国、ドイツ、ロシアなどから100件以上の技術プロジェクトを中国に導入している。

●アクロディア、COSTCO中国向けにブロックチェーン利用のポイントシステム提供へ
アクロディアとOLE Stars(本社・エストニア)、香港財合(本社・香港)は、香港財合が今夏から店舗を展開するCOSTCOチャイナにおいてブロックチェーン技術との連携によるサービスの業務提携に関する基本合意を締結したと発表した。

米COSTCOと香港財合は2018年12月、合弁会社Costco商品全中国西部発展(本社・四川省成都市)有限公司を設立した。一方で、アクロディアは、Ole Starsのブロックチェーン技術の展開について、Ole Starsと独占契約を結んでいる。香港財合との業務提携では、Ole Starsのブロックチェーン技術を利用したポイントサービスを提供する。(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事