目指すは打倒ソニー!サムスンが世界初の6400万画素イメージセンサーを公開

Record China    2019年5月9日(木) 22時0分

拡大

9日、韓国・ニュース1は「サムスン電子が世界初となるスマートフォン向けの6400万画素イメージセンサーを公開し、業界1位であるソニーとの競争に本格的に乗り出した」と報じた。資料写真。

2019年5月9日、韓国・ニュース1は「サムスン電子が世界初となるスマートフォン向けの6400万画素イメージセンサーを公開し、業界1位であるソニーとの競争に本格的に乗り出した」と報じた。

サムスンは同日、ソウル市内で4800万画素・6400万画素イメージセンサーの新製品「アイソセルブライトGW1・GM2」を公開した。イメージセンサーとは、カメラのレンズを通して入ってきた光を電気的なデジタル信号に変換する役割をする半導体のこと。一般のカメラ市場で強い日本のメーカーが主導しており、昨年基準の市場シェア1位はソニー(約49%)だった。サムスンは約20%のシェアで2位を記録している。

ただ、サムスンは「単純なマーケットシェア指標は意味がない」との立場を示している。システムLSI事業部センサー事業チームのパク・ヨンイン副社長も「市場シェア率は永続しない。あるきっかけにより変わると信じて準備を進めており、自信も十分にある」と話したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「サムスンはやっぱりすごい。ソニーに追いついてほしい」「サムスンは韓国の誇りだ」「韓国はサムスンがいなければとっくに崩壊している」「韓国を引っ張っているのはサムスン、BTS、ソン・フンミン!」「サムスンにまたカメラを作ってほしい」など、サムスンへの称賛や応援の声が上がっている。

また、「文政権は今すぐ大企業いじめをやめるべきだ」「サムスンは打倒ソニーを掲げているのに、文政権は打倒サムスンを掲げている」と現政権の政策を批判する声や、「中国企業に技術を奪われないか心配」と懸念する声も。

その他「画素数が高ければ写真の質がいいというわけではない」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携