Record China

ヘッドライン:

オオカミとイヌを同じ場所で飼う動物園、「引き離す必要はありません」―中国

配信日時:2019年5月10日(金) 22時50分
拡大
中国のネット上で先日、「オオカミとイヌが同じおりに入っている!」という動画が話題となっている。
(1/2枚)

中国のネット上で先日、湖北省武漢市の動物園のある動画が話題となっている。動画は「オオカミとイヌが同じおりに入っている!」というものなのだが、この問題について動物園側は「仲むつまじく暮らしている2匹を引き離す必要はない」との考えを示している。

その他の写真

8日付の中国新聞網によると、問題の2匹が飼育されているのは武漢九峰森林動物園。記者が訪れてみたところ、オオカミ舎には雄オオカミ1匹と雌イヌ1匹がおり、2匹は追いかけっこをして遊んだり、互いに毛づくろいをしたりして穏やかに過ごしていたそうだ。

動物園ではオオカミ5匹を同じ場所で飼育していたが、5年前にこの雄オオカミが他のオオカミとのけんかに負けてけがをしたため、安全上の配慮から単独で生活させていた。しかし、オオカミは群れをつくって暮らす動物。他のオオカミと引き離された雄オオカミがその後、専門家から「うつ病の可能性」を指摘されたことを受け、園は「試しに…」という思いで17年10月に雌イヌを連れて来たという。

「パートナー」を得た雄オオカミの体調はその後、回復に向かい、以前のように悲し気な遠ぼえをすることもほとんどなくなったそうだ。餌の鶏肉が与えられるとオオカミはイヌが食べるのを見守ってから自身も口を付けるなどしており、飼育員は「まるでイヌを自分の妻だと考えているみたい」と顔をほころばせているという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

動物園でクマにリンゴをあげようとした入園客、間違えてiPhone投げる=「リンゴの中でも一番高いリンゴ」―中国ネット

10日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、クマにリンゴをあげようとして、間違えてiPhoneを投げてしまった観光客について伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

Record China
2019年2月12日 22時50分
続きを読む

ランキング