Record China

ヘッドライン:

日本も昔はひどかった!どうやって素養問題を改善したのか―中国メディア

配信日時:2019年5月10日(金) 20時50分
拡大
9日、騰訊網に、中国人観光客のマナー問題について言及し、30年前に同じ問題を抱えていた日本の取り組みが、マナーやモラルの改善で大いに参考になるとする文章が掲載された。写真は日本の電車に乗る中国人観光客。

2019年5月9日、騰訊網に、中国人観光客のマナー問題について言及し、30年前に同じ問題を抱えていた日本の取り組みが、マナーやモラルの改善で大いに参考になるとする文章が掲載された。

文章は、経済の発展に伴いますます多くの中国人が海外旅行を楽しむようになった一方で、各地で中国人観光客によるマナーに反する、モラルに欠ける行為をいやというほど見聞きするようになったと紹介。一方で「日本人もこのような『蔑視』のなかから徐々に変化していった。われわれはその経験をくみ取ることができるかもしれない」とした。

そして、日本では東京五輪が開かれた1964年に一般市民の海外旅行が解禁となり、高度経済成長に伴って旅行者数は年々増加し、当初10万人規模だった年間海外旅行者数が90年には1000万人を突破した一方で、日本人観光客のマナーに欠ける行為が海外で悪評を呼び「観光摩擦」が生じる事態になったとした。そして、1980年代には新聞や雑誌の紙面に「海外の観光地で荒唐無稽な行動をとる日本人」「礼儀知らずな日本人観光客が増えている」といった見出しが躍るようになったと伝えている。

その上で、「事態を重く見た当時の運輸省が1991年、国外で禁止または批判の対象とされている行為を漫画形式でまとめた海外旅行のマナーガイド冊子を発行し、海外旅行をする日本人への啓蒙を図った」と紹介。「この約30年に及ぶ宣伝教育により、今日のマナーの良い日本人観光客像が出来上がっていった」と説明した。

また、各旅行会社も海外ツアー参加者に対して出発前の説明会を開くなどして、海外でのマナーや習慣に対する知識や意識の普及に努めたことを挙げ、「政府による推進、社会の教育、観光業界の宣伝、そして市民自身の意識向上といった要素が組み合わさって、海外における日本人の印象が批判から称賛へと変化していったのかもしれない」とした。

文章は最後に、「モラルのある行為の形成が一朝一夕には実現しないのはどの集団でも一緒である」としたうえで、「われわれの政府や各旅行機関が海外文化教育を重視し、旅行をする市民1人1人に現地の文化、習慣、法律に対する最低限の理解を持たせることを望む。理解があってこそ、多くの誤解を打ち消すことができるのだ」と結んでいる。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

400万年かかってできた鍾乳石を盗む人まで、中国メディア「連休中にこんなことをしないように」

中国では5月1日から労働節(メーデー)の4連休が始まったが、中国中央テレビのニュースサイトは「メーデー連休中にこんなことをしないように」とする記事を掲載し、旅行に出かける人にマナー順守を呼び掛けている。資料写真。

Record China
2019年5月3日 19時20分
続きを読む

日本で「観光公害」深刻化、中国人観光客が線路の真ん中で記念撮影=中国ネットは意見さまざま「マナー守ろう」「どの国の観光客も一緒」

18日、中国版ツイッターのウェイボーで、外国人観光客が増えすぎて観光地の住民の日常生活に支障が起きる、いわゆる「観光公害」について伝えた日本メディアの報道が紹介された。写真は鎌倉。

Record China
2018年12月18日 19時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング