「中国がまた韓国を冷遇」と韓国メディア、国会議長が訪中も習主席に会えず

配信日時:2019年5月9日(木) 11時50分
「中国がまた韓国を冷遇」と韓国メディア、国会議長が訪中も習主席に会えず
画像ID  1089590
8日、韓国・中央日報は、中国を公式訪問した文喜相国会議長が習近平国家主席に会うことができなかったことを伝え、「中国がまたも韓国を冷遇」と報じた。資料写真。
2019年5月8日、韓国・中央日報は、中国を公式訪問した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が習近平国家主席に会うことができなかったことを伝え、「中国がまたも韓国を冷遇した」と報じた。

国会議長の「大韓民国儀典序列」は2位となる。記事によると、文議長は7日、習主席の代わりに全国人民代表大会(全人代)常務委員会の栗戦書委員長と会談し、夕食を共にした。栗委員長は共産党序列3位だ。翌8日には王岐山国家副主席と会い、王東明常務副委員長の主催する昼食会に出たのち、帰国した。昨年3月に国家副主席に当選した王副主席は、7人の常務委員に次いで儀典序列8位だという。

韓国国会議長の訪中は1994年から2014年までに計9回あり、いずれも当時の国家主席、常務委員長らと会っているが、2007年7月の林采正(イム・チェジョン)氏は胡錦濤主席に会えず、序列2位の呉邦国常務委員長、3位の温家宝首相と会った。10回目の国会議長の訪中だった今回が、2度目の「序列1位に会えなかった訪中」のケースとなった。

文議長は習主席との会談が実現されなかったことについて「中国の慣例が変わった」「全ての責任が楊潔チ共産党政治局員、王副主席、栗委員長のラインで可能になった」「会えなかったのではなく、会う必要性がない外交になった」などと説明しているという。しかし記事は「文議長の発言は、事実と距離がある」とし、この3人の外交政策における権力を疑問視している。

また記事は「習主席の韓国に対する冷遇が取り沙汰されるのはこれが初めてではない」と伝えている。2年前に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した李海チャン(イ・ヘチャン)元首相は、香港行政長官と同じ下座に座席が配置された。この時も、中国側は「外交慣例が変わった」と主張したという。

最後に記事は、習主席が先月25~27日に北京で開かれた第2回国際協力・一帯一路フォーラムで、出席した38カ国の首脳全員と正式な会談を行い、中国訪問客を礼遇したことも伝えている。安倍晋三首相の特使として出席した自民党の二階俊博幹事長とも、向かい合う「最上級の座席」配置で会談したと紹介している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「セクハラしておいて健康問題を言い訳に入院したのはいつだっけ」「この人、緊急手術を受けてなかった?病院のVIP室に逃げ込んでたくせに、急に元気になって、したことと言えば、中国に遊びに行って国に恥をかかせることか」「恥を知って自粛すべき」など文議長への厳しい意見や、「国際社会で韓国大統領は金正恩(キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長)の代弁者だと見られているのだから、国会議長はお察し。友邦を軽視し、北朝鮮に屈従する外交の自業自得ではないか」「文大統領は中国でぼっち飯(2017年の訪中の際に文大統領は1人で食事をした)、国会議長は会ってももらえなかった。外交力ゼロ、経済ゼロ。一体何ならできるんだ?」「政府が無能だから、外国でも無視される。まず国が力をつけなければいけないのに、韓国は他の国とは反対方向に進んでいる」など、政府批判が殺到している。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事