北京の地下鉄に驚きの珍客!=中国ネット「無賃乗車だ」

配信日時:2019年5月10日(金) 8時40分
北京の地下鉄に驚きの珍客!=中国ネット「無賃乗車だ」
画像ID  1089480
7日、中国で縁起の良い鳥とされているカササギが北京の地下鉄の車内で発見される事件があり、専門家やネットユーザーからさまざまな反応があった。
中国で縁起の良い鳥とされているカササギが北京の地下鉄の車内で発見される事件があり、専門家やネットユーザーからさまざまな反応があった。7日、北京晩報が伝えた。

事件が起こったのは7日の早朝。北京地下鉄13号線の回龍観―龍澤駅間で車内の手すりに乗り、胴体よりも長い尻尾を垂らしてあたりを見下ろす一匹のカササギが見つかると、その「めでたい」様子に乗客らはこぞってカメラを向けたという。

記事によると、カササギは虫や人間、動物が残した食料を好んで食べるため人々が集まる場所に頻繁に現れる。そのため、中国人には「祝い事になるとやってくる友人」のような感覚で受け入れられているそうだ。ここ数年もカササギが民家に入り込むケースが多発しており、家の中で水浴びをする様子まで目撃されたことがあるという。

しかし、カササギが地下鉄の車内で見つかるケースは今回が初めてのようだ。野生動物に詳しい北京黒豹野生動物保護センターの李理(リー・リー)センター長は「カササギが自ら入り込んだのではなく、誰かが持ち込んだのだろう」と推測している。

李センター長は「野生のカササギは暗いところや狭いところを避ける本能がある。地下鉄に乗るには自然光の入らないトンネルや通路を通らなければならないし、彼らは人間から危害を加えられることも恐れるため、近寄らないはずだ」「写真を見た限り、小さい入れ物か袋か何かに入れられたかのように体毛がぺしゃんとしているし、尻尾の先も少し欠けている」と分析。「車内でも落ち着いた様子だし、手すりの上にきちんと乗っている。きっと以前誰かに飼われていたのだろう」とコメントした。

加えて「カササギは人々に愛され、ペットとして飼われることもある。しかし連れ回されて地下鉄で見つけられることなど望んでいないはずだ」と述べ、「野生動物の体には人や動物に病気を発症させる可能性のあるバクテリアが付着している。野生動物を気軽に飼育したり輸送したりしないでほしい。必要な場合は飼育証明書、輸送証明書および検疫証明書の発行を国に申請すること」と注意を促した。

カササギが地下鉄で見つかったニュースを受けて、ネットユーザーからは「同じ車両に乗り合わせた人はラッキー」「めでたい!。見た人には福があるよ」「そのまま芍薬居駅で乗り換えて北京工人体育場に行って、北京国安(サッカーチーム)を勝利に導いてくれ」という声が上がった。また、「無賃乗車だ」「いや、身長が低いから無料(中国の地下鉄の子ども無料乗車の基準は身長によって決まる)」といった冗談めかしたやり取りや、「カササギ『飛び疲れたわ。ちょっと休も』」「カササギ『地下鉄っていうのに乗ってみたけど、便利やな~』」とカササギになりきるコメントも見られたという。

また、中国で地下鉄に乗るには保安検査を受けないといけないことを踏まえて、「どうやって入ったんだろう」と不思議がる声もあった。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事