【募集中】韓国語社内スタッフ

日本の「ガチャポン文化」が中国進出、1140カ所でスマートタイプ1万1400台を年内設置へ

配信日時:2019年5月8日(水) 14時10分
日本の「ガチャポン」が中国進出、1万1400台を年内設置へ
画像ID  1089373
中国各地で、「ガチャポン(スマートカプセルトイ自販機)」が年内に1400カ所に設置される見通しだ。四川省成都市ではすでに大型商業施設10カ所で設置されたという。写真は2019年1月、上海市内で行われたカプセルトイ自販機を紹介するイベント。
中国各地で、「ガチャポン(スマートカプセルトイ自販機)」が年内に1400カ所に設置される見通しだ / ラーメン飲食店の一風堂がイートンホテル香港内で開業した。

●日本の「ガチャポン文化」が中国進出、スマートタイプを年内に1140カ所、1万1400台設置へ
中国企業のDLFINO(上海徳妃諾商貿易)は7日付で、四川省成都市内の大型商業施設10カ所に4月26日、スマートカプセルトイ自販機を設置したと発表した。

「ガチャポン」はカプセルトイ自販機および商品の通称。大手バンダイの登録商標は「ガシャポン」だ。DLFINOによると、「ガチャポンというカプセルトイ文化が日本で長年進化」してきたことを踏まえ、中国市場に大きな潜在力があると考えた。市場調査をい、ディズニー社やバンダイと手を組んで、今年から中国で本格的に事業を開始する予定とした。

中国に設置する自販機は11.6インチのタッチパネルを搭載し、動画コンテンツの配信やアリペイとウィチャットペイで決済できる「スマート・タイプ」。年内に中国全国1140カ所で1万1400台を設置する予定。

●一風堂が香港の繁華街、ネイザンロードに出店
力の源ホールディングスは7日、香港・九龍エリア内最大の繁華街である「ネイザンロード」沿いにあるイートンホテル香港のロビー階であるGフロアに、同社が運営するラーメン飲食店の一風堂が出店したと発表した。

グランドオープンは3日だった。イートンホテル香港はMTRの佐敦駅から徒歩約5分で、さらに夜市で知られる市場「男人街(ナイヤンガイ)」や「女人街(ノイヤンガイ)」といった香港・九龍エリアの人気スポットも徒歩圏内にある。イートンホテル香港には複数の飲食店が出店しており食事目的で訪れる人も多い。一風堂・イートンホテル店は、ホテルの利用者や近くを訪れる観光客、周辺住人などの来店を見込むという。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2019/05/08 18:11)

    日本以外の国では、ガチャポンごと盗まれ中の金を抜かれたり、セキュリティーが甘いことで偽造硬貨(金属片)を入れて商品を抜き取るとかの手口が横行するだろうから「スマホ決済」するしかないだろう。 監視カメラはある(だろう)にせよ、新世界(悪名高いあいりん地区のそば)でさえ、無人のスペースに硬貨を入れるガチャポンが設置されてるのを見るにつけ「日本は安全なくになんだなあ・・・」とつくづく実感する。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/05/08 17:25)

    >中国市場に大きな潜在力があると考えた 中国はすぐガチャポンのオモチャを真似して、ばら売りを始めるだろう。ガチャポンは何が出るかわからないから面白いのであり、個別に買えるなら魅力が半減してしまう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事