【募集中】韓国語社内スタッフ

「アベンジャーズ」監督が韓国の誤訳問題に言及=韓国ネット「恥ずかしい」

配信日時:2019年5月9日(木) 7時10分
韓国ネット赤面?「アベンジャーズ」監督が韓国の誤訳問題に言及
画像ID  1089297
7日、韓国・ニュースエンは、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ/エンドゲーム」を演出したアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ監督が、韓国の誤訳問題に言及したと伝えた。資料写真。
米マーベルの人気SF映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」が世界中で大ヒット中だが、韓国では前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」公開当時、一部の字幕について誤訳ではないかという声が上がり、物議を醸していた。両作品を演出したアンソニー・ルッソ監督とジョー・ルッソ監督はこのほど、この誤訳問題について言及した。

7日付の韓国・ニュースエンによると、両監督は現地時間5日、ポッドキャストの「Happy Sad Confused」に出演し、作品についてトークした。その中で2018年公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、ドクター・ストレンジのせりふ「We’re in the endgame now」に、韓国で「見込みがない」という字幕が付いたことに触れた。韓国では当時、ネット上で「この字幕は明白な誤訳ではないか。終盤戦に入ったと訳すべきだ」との意見が出て騒ぎとなった。その後、続編のタイトルが「アベンジャーズ/エンドゲーム」と決まったことで、誤訳が確実なものとなっていた。

両監督は「(『アベンジャーズ/エンドゲーム』の)プロモーションで韓国に来た時、ドクター・ストレンジの台詞が韓国では『No Hope』と翻訳されたことをディズニー関係者から聞いた」と説明。その上で「じゃあ、韓国では『アベンジャーズ/エンドゲーム』を『No Hope』と呼ばないといけないな」と話したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「この翻訳家は生涯、このことを言われ続けるな」「その翻訳家、ずっと『誤訳はない』と言ってたよね」「恥ずかしい。翻訳家を名乗らないで」「これからは誤訳家と名乗らなきゃ(笑)」「国際的に恥をかかせてくれたな」「エンドゲームにもかなり誤訳があったけど?」「そもそも誰が翻訳家を決めたんだ?」「監督に鼻で笑われた。翻訳家1人のために、韓国は英語ができないという印象を持たれた」など、翻訳家への批判の声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Jen***** | (2019/05/09 10:06)

    「日本人の英語力は、著しく低い」と、 まるで自分達がネイティブスピーカーであるかのように日本を見下し、 最近では海自隊員の英語の発音にいちゃもんをつけやがったばかりの コリアンどもが、ザマーないよな。 これでおまんまを食ってやがる翻訳家がこのレベルだぜ? コリアでの興行収益が良かったから、コリアンのキャラクターを増やすと マーベルが言ったとかほざいていたが、 自分は、懲りない嘘つきコリアン発のまたホラだと思っている。 コリア程度の小さな市場で多少収益が上がった所で、 マーベルが手放しで喜ぶか? たかが知れているだろ。 中国でもタイタニックを抜いて大人気らしいのに、 市場の大きな中国を差し置いて、誤訳のコリアに? ないわ~。 「ホワイトハウスに文のFC」 「文を<外交の巨匠>と海外メディアが大絶賛」 「コリアが米朝の仲介役」 に匹敵するコリア発の幼稚な嘘だと思うね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事