Record China

ヘッドライン:

竹ばかり食べるパンダの栄養吸収構造、肉食動物とより似ている―中国メディア

配信日時:2019年5月7日(火) 21時30分
拡大
中国と豪州の科学チームは、栄養の消化吸収構造を見ると、竹を主な食べ物としているパンダが、草食動物ではなく肉食動物に属することを発見した。写真はパンダ。

中国と豪州の科学チームは、栄養の消化吸収構造を見ると、竹を主な食べ物としているパンダが、草食動物ではなく肉食動物に属することを発見した。新華網が伝えた。

このほど米学術誌「カレントバイオロジー」に掲載された研究によると、パンダが日常的に取り入れるタンパク質と炭水化物の量は「スーパー肉食動物」により近い。吸収するエネルギーのうち約半分がタンパク質で、これは狼や野生のネコ科の動物に近い。

論文の連絡著者、中国科学院動物研究所の魏輔文研究員は「食べ物の種類を見ると、パンダは草食動物により近いようだが、食べ物の栄養の消化吸収構造を見ると、パンダは肉食動物に属する」と述べた。

魏氏のチームと豪シドニー大学の栄養生態学者によるチームが行ったこの研究によると、食肉目クマ科のパンダには高度に特化した食草性がある。繊維質の食事に適した頭蓋骨、顎の筋肉組織、歯の形がある。竹をつかむために用いる「偽親指」があり、さらに「鮮味」を見分ける能力を失っている。この能力は通常、食肉と関連している。しかしパンダには肉食動物に近い消化器官、消化酵素、腸内微生物がある。

研究結果によると、パンダの進化の程度はこれまで考えられていたよりも低く、さらにはより「表面的」なもので、消化系の変化が小さい。これはパンダが草食と肉食動物の特性を兼ね備えていることの説明になる。(提供/人民網日本語版・編集YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

シャンシャン6月に中国返還?東京都が延長協議へ=中国ネット「前例を作ってはいけない」「日本人のパンダ好きには驚かされる」

上野動物園のパンダ「シャンシャン」は満2歳になる6月をめどに中国に返還される取り決めとなっているが、長くいてほしいという声も多く、東京都は今後、滞在期間の延長も視野に、中国側と返還時期について協議を行う方針だという。写真はシャンシャン誕生時の上野。

Record China
2019年1月10日 19時0分
続きを読む

日本のロリータファッションサイトで見た「中華風ドレス」に心底びっくりした―中国人学生

中国といえば、何を思い浮かべるだろうか。華東政法大学の姚子茜さんは、日本の「中華風ロリータドレス」の特徴から、「中国らしいもの」を広めていく重要性を感じたようだ。写真は、日本の中華風ファッションを紹介するウェイボーの投稿。

日本僑報社
2018年10月14日 22時20分
続きを読む

ランキング