大きな意味!中国製の自動運転バスが日本で初めて試運転―中国メディア

配信日時:2019年5月7日(火) 17時10分
大きな意味!中国製の自動運転バスが日本で初めて試運転―中国メディア
画像ID  1089147
6日、中国経済網は、中国製の無人バスの試運転が日本の中部国際空港で行われたと報じた。
2019年5月6日、中国経済網は、中国製の無人バスの試運転が日本の中部国際空港で行われたと報じた。

記事は、近ごろ中国の旅客用バスメーカー・安凱客車製の自動運転バスが中部国際空港で試運転を行う動画が公開され、注目を集めたと紹介。中国製の自動運転バスが日本を走るのは初めてであり、中国のバス製造業やは自動車業界にとって、大きな意味を持っていると伝えた。

そのうえで、日本では旅客の増加や空港スタッフの人手不足などの問題が生じており、国土交通省航空局が人工知能、自動化、ビックデータ、クラウドコンピューティングといった先端技術を運用した「航空革命」に乗り出したと説明。今回試運転が行われた自動運転バスは往復2キロを最高時速25キロで運転するもので、各種レーダーやカメラ、GPSアンテナを搭載して周辺環境を感知し、人工知能を通じて突発的な状況にリアルタイムで反応することができるとした。

そして、「実際の試運転ではバスが安定走行を見せただけでなく、交差点や信号を自動認識し、スムーズな加減速や方向転換などの操作を実現した」と紹介。「特に、運転中に前方を車両が横断した際には自動で減速して道を譲り、車両の通過後に再び前進するという動作を見せた」と伝えている。

記事は「日本は自動車工業の大国、強国であり、車両の技術レベルや細部の製造まで非常に要求が厳しい。その中で、安凱の自動運転バスが率先して日本に参入できたことは、その技術の先進性と製品の高い実力を十分に説明している」と評した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/05/08 02:02)

    中国メーカーが製造したバスを外部から閉鎖された空間とはいえ、人前で自動運転させる等というホラーは止めて欲しい、中国に限らず今のところ自動運転はまやかしで運転支援システムが多少進化した程度のものが殆んどである、本当の自動運転とは行き先を入力したら、眠っていても目的地に安全に送り届けてくれて、車庫入れやパーキングまで自動的にやってくれるものでないと値打ちがないと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/05/07 18:22)

    中部空港内は公道ではないので『日本で試運転した』とは言えないだろう。中部空港ではアメリカ製のセグウェイの試乗も出来るため、米中両方のバランスを取っただけである。 なお、写真で気づいたが、このバスは車体の右側に乗車口がある。これでは左側通行の日本で実用化したら、乗客は車道に回ってバスに乗ることになってしまう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事