【募集中】韓国語社内スタッフ

日韓W杯「史上最悪の誤審」の審判が17年ぶりに過ち認める!韓国はこの問題に触れてこなかった―中国メディア

配信日時:2019年5月7日(火) 12時0分
日韓W杯「史上最悪の誤審」の審判が17年ぶりに過ち認める!韓国は…
画像ID  1089139
6日、環球網は、サッカーワールドカップ日韓大会の韓国―イタリア戦で「史上最悪の誤審」と呼ばれたシーンについて、当時の主審が過ちを17年越しに認めたと報じた。写真はソウルのワールドカップ競技場。
サッカーワールドカップ(W杯)日韓大会の韓国対イタリア戦で「史上最悪の誤審」と呼ばれたシーンについて、当時主審を務めた人物が17年越しに過ちを認めた。中国メディアは6日付でこのことを伝えた上で、「韓国はこの問題に触れてこなかった」と指摘した。

記事は、エクアドル紙エル・ユニベルソの5日付報道を紹介。2002年の日韓大会決勝トーナメント1回戦の同試合で主審を務めたエクアドル人のモレノ氏が、インタビューに対し「この試合で一つのミスを犯した」と語り、韓国のFWファン・ソンホンがイタリアのザンブロッタに対して仕掛けたラフプレーに対して「レッドカードを出すべきだった」との考えを示したという。

試合は延長戦の末に韓国が2-1で勝利。勢いに乗った韓国はこの大会でベスト4に入る躍進を見せた。

観察者網は6日、この試合では「疑惑の判定」が続出し、韓国選手が相手の足を狙ったタックルを仕掛けたり、故意に肘打ち見舞ったり、倒れた相手選手の頭を蹴ったりする行為をすべて見逃したうえ、明らかに足を引っ掛けられて倒れたイタリア選手が審判を欺くため故意に倒れたと判定されてレッドカードを受ける事態になったと伝えている。

そして、「その後から現在に至るまで各国のメディアや評論家がこの試合のレフェリングを批判し続ける一方で、韓国サイドは無視し続け、モレノ氏も自らの判定の正当性を主張してきた」と紹介。17年もの時間が経過した今になってモレノ氏が自らの過ちを認めたことに対し、「いささか遅きに失した感は否めない」と評した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2019/05/08 00:23)

    当時の審判には韓国から相当額のワイロが流れていたのは誰の目にも明らかでしたよね。モレノがその後すぐに審判を引退したのも金が手に入ったからに他なりません。17年でその金も使い切っちゃったってことなんじゃないのかな。金がなくなりゃ韓国には何の義理もないってことでしょう。しかしフィギュアスケートのキムヨナの疑惑の判定もあったけど韓国のワイロ攻勢はいまだに続いているんでしょうから、ほんとスポーツ界から出て行って貰いたいですな。純粋に頑張ってる他国の選手たちが可哀そうですよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/05/07 18:27)

    当時、日本のテレビや新聞は全く報道していなかったと思うが。のんきに韓国も共催だからと応援していた自分がいた。その後、そういう話はちらほら耳にするが、日本のサッカー解説者はテレビや新聞で一切言及しないから、そんな事が本当にあったと動画で見て知ったのは2012年以降だった。今でもテレビでは放送も検証もしていないでしょう?これを機に当時の映像を流して、サッカー大好き人間ではない普通の日本人が事実を知ってほしい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/05/07 17:53)

    第二次世界大戦が終わって48年も経ってから『わたしは強制的に日本兵の慰安婦にされた』と訴えた女性が韓国にはいる。それに比べたら17年前なんて昨日のようなものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事