【募集中】韓国語社内スタッフ

ネットで人気の日本料理店が突然営業停止、何があった?―中国

配信日時:2019年5月6日(月) 17時20分
ネットで人気の日本料理店が突然営業停止、何があった?―中国
画像ID  1088954
6日、観察者網は江蘇省南京市にあるネットで評判の日本料理店が突然店を閉めたと報じた。
2019年5月6日、観察者網は江蘇省南京市にあるネットで評判の日本料理店が突然店を閉めたと報じた。

記事は、同市にある日本料理店「柒本味」はネット上で人気がとても高く繁盛していたが、3日に店に関する動画がネット上で公開され、拡散すると、そのわずか1日後に突然営業をやめてしまったと伝えた。

記事によると、この店は「メニューはなし、予約者が全員揃わないと料理を提供しない、1団体10人まで、一見さんお断り」など、「注文の多い」店だったとのこと。3日に掲載された宣伝動画では責任者が「持ち帰りはやっていないし、大量調理もしない。客が揃った時点で調理を始める」などと語っていたという。

しかし、この宣伝動画が店の命運を大きく変えることになったようだ。動画を見た多くのネットユーザーが問題点を次々と指摘、「板前が腕時計をはめて調理している」「手に化のうしたような傷口がある」といった声が相次いだ。

記事は、4日に同市鼓楼区市場監督管理当局が抜き打ち検査を実施したと紹介。動画で見つかった問題点について店の責任者が「腕時計は確かに問題があった。手の傷は去年10月にやけどしてできたものであり、完治している」と説明したことを伝える一方、店が適切な営業許可証や食品経営許可証を提出できないことを検査担当者が発見したと説明。「5日午前に店を訪れてみると、入口にはすでに当局による封鎖状が張り出されていた」とした。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事