Record China

ヘッドライン:

BYDが日本電池市場に照準、日本企業は強敵と競争することに―台湾メディア

配信日時:2019年9月6日(金) 7時50分
拡大
4日、参考消息網は台湾メディアの報道を引用し、中国の電池大手・BYDが日本市場に照準を合わせていると報じた。写真は電気自動車。

2019年9月4日、参考消息網は台湾メディアの報道を引用し、中国の電池大手・BYD(比亜迪)が日本市場に照準を合わせていると報じた。

記事は、台湾・工商時報が日本メディアの報道として「BYDが日本の電池市場に参入。21年に納入する見通し」などと伝えたことを紹介。参考消息網がBYD関係者に取材したところ、納入するのは既存技術に基づく蓄電システムとの回答があったそうだ。

記事はまた、BYDに日本への電気自動車(EV)納入実績があることを紹介。15年2月、京都市にバスを5台納入している他、これまでに日本の顧客に100台近くの電動フォークリフトを納入済みだという。

台湾メディアは、「BYDをはじめとする中国企業は世界の電池市場で主要な位置を占めている。パナソニックなどの日本企業は強力なライバルと競争することになる」とする分析を伝えている。(翻訳・編集/和田)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング