日本人はどうして落とし物をネコババしない割合が非常に高いのか―中国メディア

配信日時:2019年5月8日(水) 7時20分
日本人はどうして落とし物をネコババしない割合が高いのか―中国メディア
画像ID  1088662
3日、中国のポータルサイト・百度に「日本人はどうして落とし物をネコババしない割合が非常に高いのか」という文章が掲載された。
2019年5月3日、中国のポータルサイト・百度に「日本人はどうして落とし物をネコババしない割合が非常に高いのか」という文章が掲載された。

文章は、東京では1日当たり約1万件の遺失物が回収されており、その数は平成の30年間で3倍に増えたと紹介。また、日本で昨年1年間に拾得された現金総額は38億円に上り、1990年の35億円を超えて過去最高を記録したことを伝えている。

その上で、日本の法律では物品を拾得して届け出た際に半年間落とし主が現れなければ、所有権が拾得者に移るという規定があり、仮に落とし主が名乗り出た場合、物品の価値の5~20%の範囲内で拾得者に謝礼を渡すことになっていると説明。通例では10%が相場になっているとした。

一方で、拾得物を警察などに届け出なかった場合は刑法の「遺失物等横領罪」が適用され、1年以下の懲役または10万円以下の罰金に科せられるという罰則規定もあると紹介。拾得物の権利移行と謝礼の規定、そして罰則が設けられていることが、日本において拾得物を積極的に届け出る習慣を生んだとの見方を示している。

そしてまた、日本人の多くは拾得物を警察に届け出た際に名乗ることなく、謝礼を受ける権利を放棄して帰っていくとも説明。「これは学校教育や家庭教育が大きく影響している。日本の友人によると、小さい頃より落とし物は警察に届け出るようにと教えられるという。また、落とした人の心情を自分に置き換えて考えるという教育も施されるのだ」としたほか、多くの日本人は他人のお金を横取りすることに心から不快感を覚えると伝えた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/05/09 17:00)

    いやあ、ネコババするのもいるでしょ。日本人の民度だって完璧なんかじゃ無いんだから。 ネコババした奴は自分から周囲に言う事もあんまり無いだろうし、中身だけ抜いて拾った場所の近辺に捨てるとかもあるだろうしね。 あと、1割もらえるってのもあるんだから、リスクを冒して拾得物を横領するより、届けて1割もらった方がいい。っていう考えもあると思う。 まあ、下心無しの善意だけで届け出る人ももちろん居るけどね。 ただ、 >>謝礼を受ける権利を放棄して帰っていくとも説明。 そういう人ばかりじゃない筈なんだが、交番で警官が勝手に「謝礼は要らないでしょ」って勝手に決めちゃって、拾った人をさっさと追い返すなんて話も結構聞く。仮に謝礼を求めてないとしても、警官が勝手に決めつける事でもないと思うんだが。 1割もらえたら生活も多少楽になるんだけどなあ、なんて考えてるけど気が弱いって人もいるだろうにね
    このコメントは非表示に設定されています。
  • zhi***** | (2019/05/09 15:41)

    日本国内の展示会場で札入れを落としました。会場本部から連絡があって手元に戻った時に約1割抜かれていた時にはあきれてしまいました。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2019/05/08 08:35)

    お金まで戻ってくるケースもあるかと思うが、 二度なくしたお財布が戻った時、現金だけきれいに抜かれていた。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事