中国の自然保護区で子どもに用を足させるために下車した女性、ゾウに襲われ重傷―中国メディア

配信日時:2019年5月7日(火) 1時0分
中国で子どもに用を足させるために下車した女性、ゾウに襲われ重傷
画像ID  1088653
3日、澎湃新聞は、中国の自然保護区で子どもに用を足させるために下車した女性がゾウに襲われけがをしたと伝えた。資料写真。
2019年5月3日、澎湃新聞は、中国の自然保護区で子どもに用を足させるために下車した女性がゾウに襲われけがをしたと伝えた。

記事によると2日、両親と子どもを含めた一家6人が、自家用車で雲南省シーサパンナにある国家級自然保護区の野生のゾウの活動エリアを見学していたところ、子どもがトイレに行きたいと言い出し、急ぎだったため停車して母親が子どもを茂みに連れて行き、用を足させていたという。

ちょうどこの時、自動車の前方から1頭のゾウが現れ、道路を横切って母子の方へ向かっていることに車内にいた祖父が気付いた。そこで大声で叫んで注意を呼び掛け、父親は急いで茂みの中へ入って子どもを抱き上げ車に戻ったが、慌てた母親は道路の下方にある川の方へ逃げたところ、驚いたゾウに体当たりされ、その後、背中を蹴られてしまった。家族は直ちに警察と救急へ連絡。病院へ運ばれ、左足と肋骨3本を骨折する重傷を負ったが、意識はあり命の危険はないという。

自然保護区の関係者は、最近アジアゾウによる事件が頻発していると指摘した上で、「今年は雨が少なかったため食物が少なめであることに加え、アジアゾウは毎日水辺で水を飲み水遊びをするが、水辺の食物は食べつくしてしまい、食事のために遠くへ行かなければならず、食後にまた水のある所を探す時は気が立っている。特に発情期のゾウは気が荒い」と原因について語った。

この関係者はさらに「この親子が用を足した場所は、ちょうどゾウが活発に行動しているエリアだった。このような悲劇が発生しないようにするために、自然保護区内では安全を確認できない状況では下車を控え、安全なエリアに入ってから下車した方がよい」と述べた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事