【募集中】韓国語社内スタッフ

【動画】立ち入り禁止の芝生が人だらけ!柵超える人続出=「出てください」呼び掛けむなしく―浙江省杭州市

配信日時:2019年5月4日(土) 1時10分
立ち入り禁止の芝生が人だらけ!柵超える人続出―浙江省杭州市
画像ID  1088333
新民晩報など複数の中国メディアによると、観光地として名高い中国浙江省杭州市の西湖で1日、マナー違反の旅行者らが続出した。
新民晩報など複数の中国メディアによると、観光地として名高い中国浙江省杭州市の西湖で1日、マナー違反の旅行者らが続出した。

その他の写真

中国では、1日から4日間のメーデーの連休に入り、各地の観光地は観光客でにぎわった。しかし、西湖付近の公園では立ち入りが禁止されている芝生に多数の人々が入り、座って談笑したり、昼寝をしたり、飛び跳ねて遊んだりしていた。

スタッフが「(芝生から)出てください」「座ってはいけません」などと大声で呼びかけるも効果は薄く。あるスタッフは「叫び過ぎて喉が痛くなった。(注意しても)言い返してくる人がいる。一番面倒なのは話が通じない観光客」と嘆いた。また別のスタッフは「(芝生に入る人は)今日は特に多い。管理しづらい」と漏らした。公園内では「観光客の皆さん、柵を超えて芝生に入らないでください」とのアナウンスが流されているが、これも効果が薄いようだ。

このほか、西湖の湖畔では人々が列になって足を浸したり、一部の観光客は花を摘み取り、それをばらまいて記念撮影をしたりしていたという。

ネットユーザーからは「民度はどこへ行った」「重罰を!」「西湖がこんなことに…心が痛む」「入らないようにテープが貼られているのにそれでも入って行くっていう…」など、あきれたような声が上がった。また、「芝生は耐久性があるもので、座ってもいいのでは」という意見も見られたが、「西湖の観光客の数を考えろ。この数に踏み荒らされて耐えられる芝生がどこにある」「あの大量の観光客が押し寄せたら、芝生は一日ではげる」といった反論が寄せられた。

中国メディアの人民網は同日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントでこの件を取り上げ、「素養を携帯して出かけよう!」と呼び掛けた。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/05/04 09:26)

    中国人が大事にするのは〈民度〉よりも〈差別〉である。自分以外が芝生に座っているのに、自分だけが出て行かなければいけないのは差別ということだ。『他の者が出て行ったら、最後にわたしが出て行こう』と全員が思っている。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事