Record China

ヘッドライン:

中国が貿易戦争に勝つための3つの切り札―中国メディア

配信日時:2019年5月16日(木) 12時50分
拡大
2019年5月12日、環球時報は、米中貿易戦争において中国が米国にしたたかな打撃を与えうる3つの切り札を持っているとする評論記事を掲載した。

記事は「米国との貿易戦争において、中国には2つの小さな切り札と1つの大きな切り札がある」とし、この3つの切り札について説明している。

1つ目の小さな切り札は、米国へのレアアース輸出を完全に禁止すること。あらゆる半導体チップ製品に必要とされる有色金属の原料となるレアアースは中国が世界の産出量の95%を占めていることに言及し、「中国が徹底的にレアアースを禁輸すれば、米国では多くのものが製造できなくなる。自国で採掘しようにも需要を満たすレベルに到達するには何年もの時間が必要になる。そのころには中国でハイエンドなチップ製品が作れるようになっているはずだ」と論じた。

2つ目は米国債の大量売却を挙げている。2008年の世界金融危機時に中国政府は世界の流れに逆らって3カ月間米国債を売らずに持ち続け、これにより信用を安定させ、米国に活路を与えたと説明。現在中国は2兆ドル(約220兆円)の米国債を持っており、これを売却すれば米国経済は悲惨な目に遭うことになるとした。

そして、大きな切り札として「米国市場が中国に持つ市場」を挙げた。記事は昨年米国企業が中国市場で3800億ドル(約41兆6000億円)余り稼いだのに対し、中国企業は米国市場で200億ドル(約2兆2000億円)余りしか稼いでいおらず、その差が非常に大きいことを指摘。そこで市場の均等を訴えて中国市場における米国企業製品の販売を制限すれば、中国市場に依存してきた米国企業に大きな痛手を与えることができるとし、その例としてビュイックブランドを展開するGM(ゼネラルモーターズ)や、アップルを挙げている。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

台湾・鴻海会長、米中貿易戦争は「台湾の発展に重要な機会」―台湾メディア

台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長は先月30日、馬英九前総統が代表を務める団体のイベントで講演し、米中貿易戦争について「台湾の将来の発展にとって重要な機会だ」とした上で、「それを逃せば、台湾はさらに20年遅れることになる」との認識を示した。

Record china
2019年5月14日 19時50分
続きを読む

米国の対中関税引き上げ、最大の被害者は米消費者=米専門家は「トランプ氏は誤った発言続けている」―米華字メディア

米CNBCの12日の報道によると、米ゴールドマン・サックスがレポートの中で「トランプが2018年に中国に課した追加関税は、『完全に』米国企業と家計の負担になっており、消費者に与えている影響は予想以上だ」と指摘した。

Record china
2019年5月14日 18時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング