Record China

ヘッドライン:

<コラム>生まれたままの心と善悪の判断基準

配信日時:2019年5月1日(水) 18時50分
拡大
前回は善悪の判断はあなたが決めるのではありませんということをお話しました。決めるのは相手の人であり、あなたではないと言いました。それではあなたが今まで悪だと思っていたことを相手の人がそれは善だと言ってきたときにあなたはどのように判断し、行動したらいいのでしょうか。

今回はそうした善悪の判断の基準となるものが何なのかをお話したいと思います。善悪の判断基準は儒学では普遍的な道徳的価値観として三徳、五常、五倫があります。こうした徳育教育の基盤があって、生まれたままの心がこうした基盤の上にあればあなたの心は「善の心」になります。この「善の心」とは是非・善悪を判別できる先天的な知力のことです。明の時代の儒学者である王陽明はこのことを「良知」と言いました。この「良知」については1月号で解説しました。

さらに、善が何であるかの判断をするのは宗教、宗派によってその定義が異なっているからだけではなく、また、時代によっても、国によっても、性別によっても、善悪が何であるかはその判断が異なってきます。そして、その善悪の是非は自らの判断に基づいて決めるのではなく相手の判断に基づいて決めるのですが、それをあなたが受け入れるかどうかは上述の道徳的価値観の基準に照らした上で決めるのです。

ところで善悪の物差しは人によって違います。絶対的な善というものはありません。それが外国人とか女性関係になってくるともっとその善悪の判断が異なってきます。この善悪の判断が何であるかは、個人個人によって異なっています。そのため、その判断のすり合わせがその都度必要になってきます。相手が一人の場合の時もあり、集団の場合の時もあります。相手が一人の場合にはその善悪の判断はその相手によって、その善の範囲が大きく異なってきます。その善がどこまで相手に善として受け入れてもらえるかは相手の善に対する考えとかその時の心の状態次第で決まってくるのです。ですから相手に話をしてみなければわからないのです。

「仁者」は自分の欲望を抑えるだけでなく、相手の欲望に自分の心の状態を合わせることができる人のことを言うのです。結果として自分の欲望が前面には出てきません。ですから相手が善だと言えば、自分が悪だと思っていたとしても、自分の道徳的価値観に照らして受け入れることができれば受け入れればいいのです。そうしたお互いの価値観とか考え方の違いを日頃からどう対処するのかを意識することによって、相手との考えが違った場合でも大きな問題でない限りあなたが相手の考えを受け入れればいいのです。だから仁とは耐えることと同じです。反論したり意見を言ったりしたい気持ちになることもあるでしょうが、一晩置くと自然と反論したい気持ちが消えていきます。その結果、あなたの視野とか知見が広がっていきます。

孟子がこうした善悪の判断は生まれながらに誰もが持っていると言いました。小さな子供が井戸に落ちそうになったら、誰もが助けるだろうと言ったのです。道徳的価値観をどの人間も生来、持っていると言いましたが、果たしてそうでしょうか。やはり、三徳、五倫、五常は学ばないと正しい行いはできないと思います。この内容については後日それぞれについて詳述したいと思います。

■筆者プロフィール:海野恵一
1948年生まれ。東京大学経済学部卒業後、30年にわたり、ITシステム導入や海外展開による組織変革の手法について日本企業にコンサルティングを行う。現在はグローバルリーダー育成のために、海野塾を主宰し、英語で、世界の政治、経済、外交、軍事を教えている。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<コラム>「生まれた時のままの心」で耳を傾ける

王陽明は「心を正しくすれば物事の本質が見えてくる」と説明しました。心を正しくするということは生まれたままの心にするということで、欲望をそぎ落としてすべてを無にするということです。その心についてもう少し掘り下げてみましょう。写真は中国・南京の地下鉄。

海野恵一
2019年2月10日 14時50分
続きを読む

<コラム>江戸の儒学者から学ぶ、コミュニケーションの要諦

江戸の儒学者、中江藤樹は「忍んで百忍に至れば満腔の春」と言いました。耐えていけば、心が動かなくなります。耐えると言う言葉の背景は、慢心せず、謙虚に、喜怒哀楽があっても、平常心を保って事にあたれるようになれということなのです。資料写真。

海野恵一
2018年11月30日 18時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング