Record China

ヘッドライン:

「中国封じ込め策は拒否する」と豪外相、安倍首相提案の4カ国同盟にも反対表明―SP華字紙

配信日時:2013年3月26日(火) 14時31分
拡大
25日、オーストラリアのボブ・カー外相はこのほど、「中国を封じ込めるいかなる手段も、豪政府はこれを拒否する」と明言した。資料写真。
(1/2枚)

2013年3月25日、シンガポール華字紙・聯合早報によると、オーストラリアのボブ・カー外務大臣は「米国と中国のどちらかを選択する必要はない」と発言。さらに、「中国を封じ込めるいかなる方法についても、豪政府はこれを拒否する」と述べた。

その他の写真

カー外相は「われわれは米国とも中国とも深い接触を図っていく。もし米国と中国が共にわれわれと非常に友好な関係にあるというならば、われわれは問題の解決のために大きな力を発揮する。豪州がどちらかを選ぶジレンマに陥る必要はない」と断言した。

日本の安倍晋三首相が提案した日本、米国、インド、豪州の4カ国同盟についても、カー外相は不支持を表明。「具体的なグループを組織することを豪州は支持しない。4カ国同盟は安倍首相が野党時代に真っ先に掲げたものだが、これも支持はできない。この同盟は誤解を生じやすい。私は最近インドを訪問したが、この問題が話題に上ることはなかった」と話した。

カー外相は、南シナ海や尖閣諸島の領有権問題についても、豪州は米国同様中立な立場をとると明言。国際法の枠組みの中で平和的に解決することを望むとともに、各問題を棚上げして共同開発や資源共有の道を模索するべきだと主張した。同外相はさらに「東南アジアは共同発展の道を進むべきで、領土問題に端を発した緊張状態に支配されるべきではない」と強く語った。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

「安倍首相の中国発言は誤解された」内閣官房長官の説明にも反発の声―中国版ツイッター

21日付で発表された米紙ワシントン・ポストのインタビューで、安倍晋三首相が「中国は日本や周辺諸国との衝突を根強く求めている」などと中国をけん制する発言をした問題で、菅義偉官房長官は「発言内容が正確に引用されていない」と発言した。

Record China
2013年2月22日 19時47分
続きを読む

ランキング