日本でまた中国人技能実習生への賃金未払いが発生、華字紙が「早急な対策が必要」

配信日時:2019年4月29日(月) 22時40分
日本でまた中国人技能実習生への賃金未払いが発生、早急な対策が必要
画像ID  1087636
29日、日本新華僑報は日本でまた中国人技能実習生への賃金未払いが発生したと伝えた。写真は青森市。
2019年4月29日、日本新華僑報は日本でまた中国人技能実習生への賃金未払いが発生したと伝えた。

記事は、「青森県むつ市の77歳の社長が、4人の中国人技能実習生を含む15人の従業員に賃金を支払わなかったとして、むつ労働基準監督署により書類送検された。容疑は最低賃金法違反である」と伝えた。

報道によると、77歳の社長が経営する高橋産業は、17年10月の賃金計約195万円を15人の従業員に支払わなかった疑いがもたれているという。記事は、「17年4月には、高橋産業の従業員がむつ労働基準監督署に(賃金支払い遅れの)状況を伝えており、同署は署員を派遣して現場指導を行った。しかし、問題は完全には解決されず、経営状況は悪化し続け、破産の危機に陥ったため、高橋産業は会社の経営を優先して、賃金を未払いにした」と伝えた。

記事は、「昨年2月に、青森県青森市の成邦商事株式会社が、15人の中国人技能実習生を含む31人の従業員に、月100時間を越える時間外労働をさせて書類送検されたほか、今年3月にも八戸市にある縫製会社が、ベトナム人技能実習生に賃金を適正に支払わなかったとして書類送検されている」と指摘した。

その上で、「青森県で連続して同様の問題が発生していることは、日本の労働力不足が深刻であることを説明しており、そのため政府は外国人労働力を導入する新たな政策が必要になった。また、日本政府も『口だけで行動せず』、監督不行届であるため問題が次々と発生し、関係する部門の行動も遅く効率が悪い」と批判した。

このため記事は、「中国人技能実習生を含む外国人労働者の権益を守るため、日本社会はこの方面で早急な対策が必要だ。さもないと、日本の労働力市場は圧力が緩和したとしても、日本社会の国際的名誉は落ちるだろう」と警告した。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/05/01 10:29)

    今の経団連の狗である政府に改正する気なんて無いわな。 あるんだったらとっくにやってるだろうし、外国人奴隷輸入制度なんかを別口で導入する訳がない。 特に新制度の方は「福一の災害現場でも働かせられる」という悪質極まりないものだ。 東電と政府が招いた人災の後始末を外国人にやらせようって言うんだから呆れ果てる。そんなに国際社会での日本の評判を落としたいのか。 福一の後始末は東電の「正社員」が責任を持ってやるべきことだ。現状で派遣会社が派遣した底辺労働者を使っている事すらおこがましい。 やらかした事の責任は、やらかした本人が取る。歴代自民の連中が大好きな「自己責任」とはそういうものだろう。 まあ現実は「責任者」ほど無責任な事をやらかし、「責任者」ほど責任を取らないのが日本という国の組織だけどな。何十年もトップに居座り国を差配してきたどこぞの「責任政党」とやらがまず無責任極まりないんだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2019/04/30 15:22)

    労働基準法も無い中国ではもっと酷い有り様だと思うけどね。当たり前過ぎて報道もされないけど。気に入らないと逮捕されちゃう国だからね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事