ファン・ビンビン「夢の前ではあらゆることが小さい」、現在はコスメブランド運営に全力投球―中国

Record China    2019年4月29日(月) 11時40分

拡大

28日、自身のコスメブランドの運営に注力している女優ファン・ビンビンが、「夢の前では、あらゆることがちっぽけなこと」とあくまで前向きに語っている。

(1 / 2 枚)

2019年4月28日、自身のコスメブランドの運営に注力している女優ファン・ビンビン(范冰冰)が、「夢の前では、あらゆることがちっぽけなこと」とあくまで前向きに語っている。

その他の写真

昨年、二重契約書を使った巨額脱税が明るみになり、長期にわたって行方不明になったことで世界中から注目されたファン・ビンビンは、現在も封殺が続いたままとなっている。だが26日、自身のコスメブランド「FAN BEAUTY」の新商品であるシートパックを、香港の大手コスメショップで先行発売したことが話題に。店には長蛇の列ができ、ファン・ビンビン本人が来るのではと期待する人々が店を取り囲んで大騒ぎとなった。

発売に先立ち、商品の宣伝動画にも出演して話題をふりまいたが、このほど脱税騒動から初めてメディアの取材に対応。女優ではなくコスメブランドの経営者として自身の考えを語った。

ファン・ビンビンのコスメ販売には、商品のクオリティーを疑問視する声や、知名度だけで売っていると批判する声、アンチファンによるフェイク情報が飛び交うなど、世間からの冷たい反応も多く見られる。これについてファン・ビンビンは、「世の中は刻一刻と変化し、さまざまな状況が起こる。でもポジティブでいることが最もいい解決策だと思う」とコメント。「夢の前では、あらゆることがちっぽけなこと」と前向きな言葉も発している。

ファン・ビンビンによると、自分がシートパックの愛好者であるという立場から、より良い商品を生み出す研究を重ね、自らテストし、日々のデータをメモして全身全霊で打ち込んでいるとのこと。「中国のカイリー・ジェンナー」を目指しているわけではない、とも語っている。

女優復帰については先が見えない状態だが、来月にはチベットのラサと上海市でチャリティー活動に参加するとの話題も。これが大きなきっかけになるのではないかと報じられている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携